診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 7件
  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2013;50(4):361-368

リセドロン酸Na錠17.5 mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人アプライドバイオファーマテック 久留米臨床薬理クリニック,2)日医工株式会社 開発・企画本部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):361-368

Bioequivalence study of SODIUM RISEDRONATE HYDRATE TABLETS 17.5 mg「NICHIIKO」on healthy adults

Kurume Clinical Pharmacology Clinic

診療と新薬 2013;50(4):361-368

リセドロン酸Na錠17.5 mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):361-368

Bioequivalence study of SODIUM RISEDRONATE HYDRATE TABLETS 17.5 mg「NICHIIKO」on healthy adults

PDF

PDF:225 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報

診療と新薬 2013;50(4):369-377

ナテグリニド錠30 mg「日医工」およびナテグリニド錠90 mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人社団勲和会 愛和クリニック,2)日医工株式会社 開発・企画本部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):369-377

Bioequivalence study of NATEGLINIDE TABLETS 30 mg「NICHIIKO」and NATEGLINIDE TABLETS 90 mg「NICHIIKO」on healthy adults

Aiwa Clinic

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2013;50(4):378-383

当院における非心原性脳梗塞患者の抗血小板療法─急性期から慢性期へ─

札幌白石脳神経外科病院

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):378-383

診療と新薬 2013;50(4):378-383

当院における非心原性脳梗塞患者の抗血小板療法─急性期から慢性期へ─

PDF

PDF:178 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2013;50(4):385-391

GERD患者に対する新規PPIを用いた治療ストラテジー─東京都蒲田地区開業医における多施設GERD研究─

1)ナグモ医院,2)よこがわクリニック,3)あきた内科クリニック,4)黒田医院,5)医療法人社団誠動会テクノポートクリニック,6)医療法人社団緑山会山田医院,7)すずきフレンドシップクリニック,8)医療法人社団野溝医院,9)羽田バス通りクリニック,10)広浜内科クリニック,11)藤川クリニック,12)はすぬまクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):385-391

Evaluation of Treatment Response of 20 mg-Esomeprazole for Gastroesophageal Reflux Disease by the General Practitioners in Tokyo Kamata District

診療と新薬 2013;50(4):385-391

GERD患者に対する新規PPIを用いた治療ストラテジー─東京都蒲田地区開業医における多施設GERD研究─

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):385-391

Evaluation of Treatment Response of 20 mg-Esomeprazole for Gastroesophageal Reflux Disease by the General Practitioners in Tokyo Kamata District

PDF

PDF:317 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報

診療と新薬 2013;50(4):392-395

【国際学会報告】2013 Genitourinary Cancers Symposium/進行性腎細胞癌を対象とした1次治療の有効性を検証する臨床試験において,新規分子標的薬と遜色のない成績を示したソラフェニブ

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):392-395

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2013;50(4):397-403

透析導入患者に対する利尿薬としてトラセミド(ルプラックⓇ)は有用である─透析患者に対する長期投与の経験から─

1)医療法人社団 誠徹会 千葉北総内科クリニック,2)日本医科大学千葉北総病院腎臓内科,3)千葉社会保険病院腎臓内科,4)日本医科大学付属病院腎臓内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):397-403

Usefulness of Torasemide (LupracⓇ) as a Diuretic in Patients on Dialysis ─ Based on Experience of Long-Term Use in Dialysis Patients ─

1)Chiba Hokusoh Internal Medicine Clinic,2)Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital,3)Chiba Social Insurance Hospital,4)Nippon Medical School

診療と新薬 2013;50(4):397-403

透析導入患者に対する利尿薬としてトラセミド(ルプラックⓇ)は有用である─透析患者に対する長期投与の経験から─

1)医療法人社団 誠徹会 千葉北総内科クリニック,2)日本医科大学千葉北総病院腎臓内科,3)千葉社会保険病院腎臓内科,4)日本医科大学付属病院腎臓内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):397-403

Usefulness of Torasemide (LupracⓇ) as a Diuretic in Patients on Dialysis ─ Based on Experience of Long-Term Use in Dialysis Patients ─

1)Chiba Hokusoh Internal Medicine Clinic,2)Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital,3)Chiba Social Insurance Hospital,4)Nippon Medical School

透析患者では,透析導入後に多くの症例が無尿に近い状態となるが,300 mL/日の尿量を少しでも長く維持することで体重の増加が抑制できる。その目的のためには利尿薬の投与が有用であるが,今回,抗アルドステロン作用を併せ持つユニークなループ利尿薬であるトラセミド(ルプラックⓇ)を,血液透析患者21例および腹膜透析患者1例に6カ月間経口投与し,各種のパラメーターの推移によりトラセミドの有効性と安全性について評価した。
尿量を測定し得た血液透析患者16例での尿量(平均±標準偏差)は,開始時311±148.8 mL/日,6カ月後301±192.3 mL/日と減少を認めず,かつ13例(81.3%)では尿量が維持または増加しており,トラセミドの有効性が確認された。また,透析患者で危惧される電解質異常についても,トラセミドは悪影響を及ぼさなかった。
近年,トラセミドについては,慢性腎臓病(CKD)に代表される腎機能低下例に対して,利尿薬としての有用性にとどまらず,腎機能障害それ自体に対する治療薬として有用であることが報告されている。今回の検討で,トラセミドは透析患者の尿量維持について有効かつ安全な利尿薬であることが示唆されたが,今後は腎機能障害それ自体に対する改善作用にも着目した検討が望まれる。

Key words:透析患者,利尿薬,トラセミド(ルプラックⓇ),尿量,電解質異常,慢性腎臓病(CKD)

診療と新薬 2013;50(4):397-403

透析導入患者に対する利尿薬としてトラセミド(ルプラックⓇ)は有用である─透析患者に対する長期投与の経験から─

1)医療法人社団 誠徹会 千葉北総内科クリニック,2)日本医科大学千葉北総病院腎臓内科,3)千葉社会保険病院腎臓内科,4)日本医科大学付属病院腎臓内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):397-403

Usefulness of Torasemide (LupracⓇ) as a Diuretic in Patients on Dialysis ─ Based on Experience of Long-Term Use in Dialysis Patients ─

1)Chiba Hokusoh Internal Medicine Clinic,2)Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital,3)Chiba Social Insurance Hospital,4)Nippon Medical School

In many dialysis patients, a condition approaching anuria occurs after the introduction of dialysis, but weight gain can be suppressed by maintaining urine volume≧300 mL/day as long as possible. Administration of diuretics is useful for this purpose. In the present study, torasemide (Luprac Ⓡ), a unique loop diuretic which also has an anti-aldosterone effect, was orally administered for six months to 21 hemodialysis patients and one peritoneal dialysis patient. The safety and efficacy of torasemide were then evaluated based on changes in various parameters. Urine volume (mean±standard deviation) in the 16 hemodialysis patients from whom urine volume measurements were obtained was 311±148.8 mL/day at the start of the study, and 301±192.3 mL/day after six months, demonstrating no decrease in urine volume. Moreover, urine volume was maintained or increased in 13 of these 16 patients (81.2%), confirming the efficacy of torasemide. In addition, torasemide had no adverse effects with regard to electrolyte abnormalities, which are a concern in dialysis patients.
Recent reports have suggested that torasemide is not only effective as a diuretic for renal dysfunction typical of chronic kidney disease; but also useful as a drug for treating renal impairment itself. This study suggests that torasemide is a safe and effective diuretic for maintaining urine volume in dialysis patients. In the future, studies focusing on the curative effects of torasemide on renal impairment itself would be desirable.

Key words: dialysis patient; diuretic; torasemide (Luprac Ⓡ); urine volume; electrolyte abnormalities; chronic kidney disease (CKD)

診療と新薬 2013;50(4):397-403

透析導入患者に対する利尿薬としてトラセミド(ルプラックⓇ)は有用である─透析患者に対する長期投与の経験から─

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):397-403

Usefulness of Torasemide (LupracⓇ) as a Diuretic in Patients on Dialysis ─ Based on Experience of Long-Term Use in Dialysis Patients ─

PDF

PDF:201 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2013;50(4):405-409

洗顔石けんの目尻のシワ改善効果

1)LLP薬事法有識者会議,2)福岡三井中央クリニック,3)アロハージャパン株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(4):405-409

診療と新薬 2013;50(4):405-409

洗顔石けんの目尻のシワ改善効果

PDF

PDF:187 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.