診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):721-727

アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人仁愛会 日立おおみか病院,2)沢井製薬株式会社 開発部,3)東京慈恵会医科大学 臨床検査医学

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):721-727

診療と新薬 2019;56(10):721-727

アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人仁愛会 日立おおみか病院,2)沢井製薬株式会社 開発部,3)東京慈恵会医科大学 臨床検査医学

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):721-727

ジェネリック医薬品のアプレピタントカプセル125 mg「サワイ」について,先発医薬品であるイメンドⓇカプセル125 mgとの生物学的同等性を検証するため,日本人健康成人男性を対象に2剤2期のクロスオーバー試験を行った。
治験薬投与後72時間までの血漿中アプレピタント濃度より,両製剤の血漿中濃度-時間曲線下面積(AUCt)と最高血漿中濃度(Cmax)を算出し,バイオアベイラビリティを比較した。その結果,いずれの試験においても両製剤のAUCtとCmaxの対数値の平均値の差の90%信頼区間は,生物学的同等性の判定基準であるlog(0.80)~log(1.25)の範囲内であった。なお,本治験において認められた有害事象は,いずれも回復が確認されており,被験者の安全性に問題はなかった。
したがって,アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」とイメンドⓇカプセル125 mgは,それぞれ治療学的に同等であると考えられた。

キーワード:アプレピタント,ジェネリック医薬品,生物学的同等性試験,血漿中濃度,日本人健康成人男性

診療と新薬 2019;56(10):721-727

アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験

PDF

PDF:226 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):729-735

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護効果に対する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):729-735

Long-term Administration of a GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Improves Hepatic Function and Fibrosis in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(10):729-735

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護効果に対する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):729-735

Long-term Administration of a GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Improves Hepatic Function and Fibrosis in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

背景:本研究では日本人2型糖尿病患者における日常診療下での長時間作用型GLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護に対する効果をalanine aminotransferase(ALT)のカットオフ値30 U/Lを用いて,後方視的に検討した。
方法:当院でリラグルチドを1年以上投与し,ALTを測定した2型糖尿病患者707例について,ALT 30 U/L以下および31 U/L以上に層別し,リラグルチド投与前後1年間の各測定項目の平均値を比較検討するとともに,肝機能パラメータのALT,aspartate aminotransferase(AST),γ-glutamyl transpeptidase(γ-GTP),および肝線維化の指標であるFIB-4 indexの5年間の推移を観察した。またFIB-4 indexの肝線維化カットオフ値(FIB-4 index 2.67以上)での層別解析を加えた。
結果:リラグルチド投与前後1年間の平均値の比較において,HbA1c,体重およびbody mass index(BMI)はALT 30 U/L以下群および31 U/L以上群のどちらも有意に低下したが,ALT,ASTおよびγ-GTPはALT 31 U/L以上群で有意に低下し,いずれもリラグルチド投与5年間の観察で低下推移を示した。一方,FIB-4 indexはALT 30 U/L 以下群および31 U/L以上群のどちらでも有意な変化はなかったが,FIB-4 index 2.67以上群ではリラグルチド投与前後1年間の平均値の比較で有意な低下が認められた。
結論:2型糖尿病患者において,リラグルチドの長期間投与はHbA1c低下および体重減少,ならびに肝機能異常値の改善,高度肝線維化の指標の改善を示した。このことは,リラグルチドの2型糖尿病患者の治療ストラテジーとして,血糖コントロール改善だけでなく,肝保護効果も期待できる可能性が示唆された。

Key words:GLP-1受容体作動薬,リラグルチド,HbA1c,ALT,FIB-4 index,2型糖尿病

診療と新薬 2019;56(10):729-735

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護効果に対する検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):729-735

Long-term Administration of a GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Improves Hepatic Function and Fibrosis in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

PDF

PDF:219 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

吉澤和彦

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

Yotsuya Rose Clinic

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

吉澤和彦

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

Yotsuya Rose Clinic

目的:赤色LLLT等による毛髪の成長についてのこれまでの報告は,実験的レベルにとどまる報告が多かった。これらの成果を日常生活行動パターンにおいて具現化するために,アンケート調査を行った結果,日常生活におけるヘアードライヤー使用時でのヘアケアが妥当であると考えられたことから,ヘアードライヤー型高エネルギー密度赤色LEDユニットを作製し,その有用性についての試験を行った。
方法1:前実験として,C3H/He系雄マウスを対象とし,LED光照射+温風,LED光照射のみ,コントロールの3群で発毛に関する実験を行った。照射エネルギーは,1.0 J/cm2とした。
結果1:LED光照射+温風の群において,LED照射のみの群,コントロール群に比し有意な発毛・毛成長が確認された。
方法2:年齢,男女問わず薄毛対策を実施したいと考えている平均年齢45.9歳,計20名のボランティアに対し,同様に同エネルギーによるLED光照射と温風によるヘアケアを実施した。生活習慣については特に制限は加えなかったが,新たに運動を開始するなどの変化等については禁止とした。使用期間は,最低3カ月から6カ月間とした。
結果2:発毛・育毛の解析方法(2値化メッシュ法)を考案し,それを用いた解析により全被験者で発毛が認められ,発毛率は一定エリア内において平均47.7%(最終観察時点)であった。このことから,高エネルギー赤色LEDの照射と温風の組み合わせは,有意に発毛・育毛に対し効果的であることが示唆された。

キーワード:ヘアードライヤー型高エネルギー密度赤色LEDユニット,高エネルギー赤色LEDの照射と温風の組み合わせ,薄毛ケア・ヘアケア,発毛・育毛の解析方法(2値化メッシュ法)

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

吉澤和彦

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

Yotsuya Rose Clinic

Purpose: Any previous studies regarding hair growth by RED LLLT (Low Level Laser Therapy) show us that stayed at the experimental level, in order to embody such results in the daily life behavior pattern when the hair care, the results of the questionnaire survey. The hair dryer type high energy density red LED unit was developed, and the hairs growth experiment was performed.
Method 1: As a previous experiment, we conducted experiments on hair growth in C3H / He male mice in three groups; LED irradiation and warm blowing, just LED irradiation, and control. The irradiation energy was 1.0 J /cm2.
Result 1: In the LED irradiation and warm blowing group, significant hair growth was confirmed compared to the just LED irradiation group and the control group.
Method 2: The same condition of LED irradiation energy and warm blow were given to a total of 20 volunteers who wanted to implement thinning measures regardless of age or gender. The average age was 45.9 years. Regarding lifestyle habits, no specific instructions were given, and changes such as starting exercise were prohibited. The usage period was at least 3 to 6 months.
Result 2: We devised a method for analyzing hair growth (Binary-valued mesh method). As a result of analysis using this method, hair growth was observed in all the subjects, and the hair growth rate averaged 47.7% (at the last observation time) within a certain area. This suggests that the combination of high energy density red LED irradiation and warm blow has a significant effect on hair growth.

Key word: hair dryer type high energy density red LED unit, combination of high energy red LED irradiation and warm blow, hair growth effect, binary-valued mesh method

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

PDF

PDF:601 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

1)王医院内科,2)株式会社ピカッシュ,3)大阪歯科大学 歯科医学教育開発室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

1)OH clinic, Internal Medicine,2)Pikasshu Co.,3)Department of Development of Dental Education, Osaka Dental University

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

1)王医院内科,2)株式会社ピカッシュ,3)大阪歯科大学 歯科医学教育開発室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

1)OH clinic, Internal Medicine,2)Pikasshu Co.,3)Department of Development of Dental Education, Osaka Dental University

症例は39歳の男性。2015年6月11日の健康診断でALT(GPT)87 IU/LおよびAST(GOT)59 IU/Lより肝機能障害の疑いから腹部超音波検査(腹部エコー検査)で脂肪肝と判断し,基礎疾患を伴わない非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease;NAFLD)の慢性肝機能障害と診断,ポラプレジンク顆粒(1回75 mgを1日2回朝食後および就寝前)による亜鉛補充療法に加え,栄養機能食品「大地の恵みⓇ」(1日1回就寝前に3錠)を並行して摂取することを試みた結果,肝機能検査値異常が改善された。今回,本症例の経験について,文献的考察も加えて報告する。

キーワード:脂肪肝,肝臓疾患,亜鉛補充療法,栄養機能食品

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

1)王医院内科,2)株式会社ピカッシュ,3)大阪歯科大学 歯科医学教育開発室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

1)OH clinic, Internal Medicine,2)Pikasshu Co.,3)Department of Development of Dental Education, Osaka Dental University

The case was a 39-year-old man, fat on ALT (GPT) 87 IU/L and AST (GOT) 59 IU/L in a medical examination on June 11, 2015, due to suspected liver dysfunction, and abdominal ultrasonography (abdominal echocardiography) , it was judged as liver. Nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) was diagnosed as chronic liver dysfunction without non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD). Oral administration of zinc replacement therapy "Polaprezinc Granule" (75 mg two times a day after meals and at bedtime) and nutritional functional food "Daichi no MegumiⓇ"( 3 tablets once a day at bedtime ) combined therapy improved liver function abnormalities. Herby, we will report it with a literature review.

Key words: fatty liver, liver disease, zinc replacement therapy, functional nutrition food

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

PDF

PDF:241 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):753-762

コンブチャによる痩身効果および便通改善効果

1)一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA),2)如月総健クリニック,3)株式会社ユニヴァ・フュージョン

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):753-762

Effect of Weight Reduction and Ameliorating Bowel Movement by Kombucha

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Kisaragi-souken-clinic,3)UNIVA Fusion Limited

診療と新薬 2019;56(10):753-762

コンブチャによる痩身効果および便通改善効果

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):753-762

Effect of Weight Reduction and Ameliorating Bowel Movement by Kombucha

PDF

PDF:281 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):763-768

化粧品美容液とフェイシャルマッサージを併用した際の,顔のたるみとほうれい線に対する効果

1)一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック,3)ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):763-768

Effects on Facial Sagging and Nasolabial Fold when Using Cosmetic Serum and Facial Massage

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Nihonbashi M's Clinic,3)Beverly Glen Laboratories, inc.

診療と新薬 2019;56(10):763-768

化粧品美容液とフェイシャルマッサージを併用した際の,顔のたるみとほうれい線に対する効果

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):763-768

Effects on Facial Sagging and Nasolabial Fold when Using Cosmetic Serum and Facial Massage

PDF

PDF:371 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(9):657-666

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドのインスリン療法への追加または切り替えに対する長期有効性および安全性の検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):657-666

Long-term Efficacy and Safety of the GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Add-on or Switch to Insulin Therapy in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(9):657-666

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドのインスリン療法への追加または切り替えに対する長期有効性および安全性の検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):657-666

Long-term Efficacy and Safety of the GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Add-on or Switch to Insulin Therapy in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

背景:インスリン療法中の2型糖尿病患者に対して,長時間作用型GLP-1受容体作動薬の追加または切り替えによる治療アプローチが期待されているが,その長期プロファイルはほとんど検討されていない。そこで,本研究では日本人2型糖尿病患者における日常診療下でのリラグルチドの長期有効性および安全性への影響を後方視的に検討した。
方法:当院でリラグルチド投与開始前にインスリン療法中の2型糖尿病患者308例(リラグルチド併用群:140例,リラグルチド切替群:168例)について,リラグルチド投与前後1年間の各測定項目の平均値を比較検討するとともにHbA1cの5年間の推移を観察した。
結果:リラグルチド投与前後1年間のHbA1cの変化は,リラグルチド併用群(変化量:-0.2±1.1%)では有意な変化はなかったが,リラグルチド切替群(変化量:-0.4±1.2%)では有意に低下した。体重はリラグルチド投与により,いずれの群も有意に低下した。リラグルチド投与直前のHbA1cにより層別解析したところ,リラグルチド併用群ではベースライン値8%以上のHbA1cの有意な低下が,一方,8%未満では緩やかな上昇がみられ,8%に収束するようなHbA1c推移を示した。また,リラグルチド切替群では併用と同様の方向性を示し,7%に収束するようなHbA1c推移を示した。さらに,低血糖の発生頻度を検討したところ,1年間での低血糖発生率および1カ月間の低血糖平均発生回数は,いずれの群もリラグルチド投与後に有意な低下を示した。また,リラグルチド併用群において,リラグルチド投与後に1日総インスリン量の有意な減少が認められた。
結論:リラグルチドのインスリン療法への追加または切り替えは,血糖コントロールを適切に改善し,体重を減少させ,低血糖の発生を抑制させた。このことは,インスリン療法中の2型糖尿病患者の治療ストラテジーとして,リラグルチドの有用性が示唆される。

Key words:GLP-1受容体作動薬,リラグルチド,HbA1c,低血糖,インスリン,2型糖尿病

診療と新薬 2019;56(9):657-666

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドのインスリン療法への追加または切り替えに対する長期有効性および安全性の検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):657-666

Long-term Efficacy and Safety of the GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Add-on or Switch to Insulin Therapy in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

PDF

PDF:260 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(9):668-673

肥満2型糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬からSGLT2阻害薬トホグリフロジンへの切り替えの検討

綾目秀夫

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):668-673

診療と新薬 2019;56(9):668-673

肥満2型糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬からSGLT2阻害薬トホグリフロジンへの切り替えの検討

綾目秀夫

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):668-673

近年の新薬登場に伴い,国内2型糖尿病患者の平均HbA1cは下降傾向にある。それに対し,平均body mass index(BMI)は依然として横ばい状態が続いており,肥満を考慮した治療を求められる機会は少なくない。しかし,近年,第一選択薬として普及しているdipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害薬は,高い血糖改善効果や低血糖リスクの低さを特徴としているものの,BMIが高いほどHbA1cの低下量が小さくなる傾向にあることが報告されている。一方,sodium-dependent glucose co-transporter 2(SGLT2)阻害薬は,インスリン作用を介さずに高血糖を是正する新たな作用機序の経口血糖降下薬で,良好な血糖コントロールとともに体重減少作用を有している。
今回,DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬のどちらが肥満合併例に適しているのかを検討するため,DPP-4阻害薬で治療中のBMI 25 kg/m2以上かつHbA1c 7%以上の肥満2型糖尿病患者に対し,DPP-4阻害薬からSGLT2阻害薬であるトホグリフロジンへの切り替えを行い,有効性および安全性を検討した。その結果,トホグリフロジン切り替え群では,DPP-4阻害薬を継続した群に比べHbA1cおよび体重に有意な改善効果が認められた。同時に,肝機能や脂質パラメータにも有意な改善がみられたことから,DPP-4阻害薬治療中のBMI 25 kg/m2以上の肥満合併例には,トホグリフロジンへの切り替えが重要な治療戦略になると考えられた。なお,両群ともに,低血糖を含む有害事象は認められなかった。

Key words:肥満2型糖尿病,sodium-dependent glucose co-transporter 2(SGLT2)阻害薬,トホグリフロジン

診療と新薬 2019;56(9):668-673

肥満2型糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬からSGLT2阻害薬トホグリフロジンへの切り替えの検討

PDF

PDF:231 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(9):674-685

テリパラチド(遺伝子組換え)[テリパラチド後続1](テリパラチドBS皮下注キット600μg「モチダ」)の品質特性,非臨床試験及び臨床試験成績

1)持田製薬株式会社 医薬開発部,2)同 製剤研究所,3)同 総合研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):674-685

Quality Characteristics and Nonclinical/Clinical Profiles of Teriparatide BS 600μg Kit for S. C. Inj. Mochida

診療と新薬 2019;56(9):674-685

テリパラチド(遺伝子組換え)[テリパラチド後続1](テリパラチドBS皮下注キット600μg「モチダ」)の品質特性,非臨床試験及び臨床試験成績

1)持田製薬株式会社 医薬開発部,2)同 製剤研究所,3)同 総合研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):674-685

Quality Characteristics and Nonclinical/Clinical Profiles of Teriparatide BS 600μg Kit for S. C. Inj. Mochida

テリパラチド(PTH[1-34])は,内因性ヒト副甲状腺ホルモン(PTH)の活性部分である1~34番目のアミノ酸からなるポリペプチドであり,1日1回の間欠投与により,骨芽細胞機能が優位に活性化され,骨梁,骨内膜及び骨外膜への骨塩の沈着が促進されて骨量を増加させる。持田製薬株式会社が開発したテリパラチドBS皮下注キット「モチダ」は,フォルテオⓇを先行バイオ医薬品(先行品)とする国内初のバイオ後続品であり,有効成分であるテリパラチド(遺伝子組換え)[テリパラチド後続1](以下,テリパラチドBS)は,先行品の有効成分であるテリパラチド(遺伝子組換え)と同一の一次構造を有する。テリパラチドBSの品質特性評価,非臨床及び臨床試験は,「バイオ後続品の品質・安全性・有効性確保のための指針」等に準拠して実施した。テリパラチドBSは,先行品と同等/ 同質の品質特性を持ち,非臨床試験において先行品と同等/同質の薬理作用及び安全性を示した。また,閉経前の健康成人女性を対象とした海外第Ⅰ相試験及び骨折の危険性の高い骨粗鬆症患者を対象とした国内第Ⅲ相試験では,先行品と同等/ 同質の薬物動態及び有効性が検証され,安全性プロファイルも先行品と大きな相違がないことが確認された。持田製薬株式会社はこれらの成績をもとに製造販売承認申請を行い,2019年9月に先行品と同じ効能・効果で承認を取得した。先行品より安価なテリパラチドBS皮下注キット「モチダ」によって,多くの患者が先行品と同様の高い効果をもつ治療法にアクセスしやすくなることが期待される。

キーワード:テリパラチド,バイオ後続品,骨粗鬆症,比較試験,同等性/ 同質性

診療と新薬 2019;56(9):674-685

テリパラチド(遺伝子組換え)[テリパラチド後続1](テリパラチドBS皮下注キット600μg「モチダ」)の品質特性,非臨床試験及び臨床試験成績

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):674-685

Quality Characteristics and Nonclinical/Clinical Profiles of Teriparatide BS 600μg Kit for S. C. Inj. Mochida

PDF

PDF:416 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(9):686-693

リセドロン酸Na錠75 mg「日医工」の健康閉経後女性における生物学的同等性試験

神谷有久理 1),村上星依子 2),伊藤誠 2),新村美和 2)

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):686-693

Bioequivalence study of SODIUM RISEDRONATE HYDRATE TABLETS 75 mg「NICHIIKO」on healthy postmenopausal women

診療と新薬 2019;56(9):686-693

リセドロン酸Na錠75 mg「日医工」の健康閉経後女性における生物学的同等性試験

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(9):686-693

Bioequivalence study of SODIUM RISEDRONATE HYDRATE TABLETS 75 mg「NICHIIKO」on healthy postmenopausal women

PDF

PDF:286 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.