診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 9件
  • 書誌情報
  • 要旨

診療と新薬 2014;51(4):381-393

【座談会】l-menthol 製剤の早期胃癌の内視鏡診断への影響について

1)東京大学光学医療診療部,2)福島県立医科大学附属病院内視鏡診療部,3)三豊総合病院消化器科,4)がん研有明病院内視鏡診療部,5)東京医科大学内視鏡センター,6)東京慈恵会医科大学,7)がん研有明病院外科,8)公立昭和病院

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):381-393

診療と新薬 2014;51(4):381-393

【座談会】l-menthol 製剤の早期胃癌の内視鏡診断への影響について

1)東京大学光学医療診療部,2)福島県立医科大学附属病院内視鏡診療部,3)三豊総合病院消化器科,4)がん研有明病院内視鏡診療部,5)東京医科大学内視鏡センター,6)東京慈恵会医科大学,7)がん研有明病院外科,8)公立昭和病院

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):381-393

胃の蠕動運動抑制薬であるl-menthol製剤は,2013年2月に上部消化管内視鏡治療時の蠕動運動抑制が効能追加され,検査時だけでなく治療時間の長いESDなどの内視鏡治療時にも使用できるようになった。一方,l-menthol製剤を散布することによって,通常白色光観察においても胃粘膜表層の凹凸が強調される可能性や,また,インジゴカルミン散布後の色素内視鏡像が変化する可能性が指摘された。そこで,消化器内視鏡専門医の先生方にお集まりいただき座談会を開催し,l-menthol製剤散布後に胃粘膜に変化が生ずるのか,また,変化する場合は早期胃癌の診断へ何らかの影響があるのかに関して一定の結論を得る目的で討議した。
本座談会で得られたコンセンサスは以下のごとくである。
1)l-menthol 製剤の散布後に,幽門前庭部の腸上皮化生のある粘膜において凹凸が目立つような粘膜変化を認めることもあるが,内視鏡観察に支障をきたさない。
2)l-menthol製剤の散布後のNBI(Narrow Band Imaging)観察において,拡大,非拡大観察を問わず,胃病変の微細観察上,大きな支障があるとは思われない。
3)早期胃癌(分化型)の内視鏡診断において,l-menthol製剤の散布後に,癌病変の形態や色調に変化が生ずることはなく,診断上支障はないと思われる。

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):395-410

バルサルタン錠20 mg,40 mg,80 mg および160 mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人社団順信会 上尾メディカルクリニック,2)東京大学医学部附属病院,3)日医工株式会社 開発・企画本部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):395-410

Bioequivalence study of VALSARTAN TABLETS 20 mg, 40 mg, 80 mg and 160 mg「NICHIIKO」in healthy adults

1)Ageo Medical Clinic,The University of Tokyo Hospital

診療と新薬 2014;51(4):395-410

バルサルタン錠20 mg,40 mg,80 mg および160 mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):395-410

Bioequivalence study of VALSARTAN TABLETS 20 mg, 40 mg, 80 mg and 160 mg「NICHIIKO」in healthy adults

PDF

PDF:515 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):411-421

バルサルタン錠40 mg「杏林」,バルサルタン錠80 mg「杏林」及びバルサルタン錠160 mg「杏林」の生物学的同等性試験─バルサルタン錠40 mg「杏林」とディオバンⓇ錠40 mg,バルサルタン錠80 mg「杏林」とディオバンⓇ錠80 mg,バルサルタン錠160 mg「杏林」とディオバンⓇ錠160 mg の比較─

1)医療法人相生会 墨田病院,2)南砺市民病院 内科,3)キョーリンリメディオ株式会社 製剤開発センター

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):411-421

診療と新薬 2014;51(4):411-421

バルサルタン錠40 mg「杏林」,バルサルタン錠80 mg「杏林」及びバルサルタン錠160 mg「杏林」の生物学的同等性試験─バルサルタン錠40 mg「杏林」とディオバンⓇ錠40 mg,バルサルタン錠80 mg「杏林」とディオバンⓇ錠80 mg,バルサルタン錠160 mg「杏林」とディオバンⓇ錠160 mg の比較─

PDF

PDF:497 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):423-430

DPP-4阻害薬アナグリプチンの有効性および安全性に関する研究─動脈硬化に対する効果の検討も含めて─

東北公済病院 内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):423-430

診療と新薬 2014;51(4):423-430

DPP-4阻害薬アナグリプチンの有効性および安全性に関する研究─動脈硬化に対する効果の検討も含めて─

PDF

PDF:460 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):431-438

スキンケア製品「セタフィルⓇ」とアダパレン(ディフェリンⓇゲル0.1%)の併用によるざ瘡および皮膚状態への影響の評価

東京女子医科大学附属女性生涯健康センター

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):431-438

診療と新薬 2014;51(4):431-438

スキンケア製品「セタフィルⓇ」とアダパレン(ディフェリンⓇゲル0.1%)の併用によるざ瘡および皮膚状態への影響の評価

PDF

PDF:454 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):439-443

エルロチニブ投与患者における薬物血中および組織内濃度に関する一考察─ざ瘡様皮疹をきたした4 症例について─

1)高知大学医学部附属病院 薬剤部,2)高知大学医学部 皮膚科学教室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):439-443

Serum and Tissue Erlotinib Concentrations in Patients with Papulopustular Eruption ─ A Report of Four Cases ─

1)Department of Pharmacy, Kochi Medical School Hospital,2)Department of Dermatology, Kochi Medical School, Kochi University

診療と新薬 2014;51(4):439-443

エルロチニブ投与患者における薬物血中および組織内濃度に関する一考察─ざ瘡様皮疹をきたした4 症例について─

1)高知大学医学部附属病院 薬剤部,2)高知大学医学部 皮膚科学教室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):439-443

Serum and Tissue Erlotinib Concentrations in Patients with Papulopustular Eruption ─ A Report of Four Cases ─

1)Department of Pharmacy, Kochi Medical School Hospital,2)Department of Dermatology, Kochi Medical School, Kochi University

上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)であるエルロチニブは,非小細胞肺がんの治療薬として広く使用されている。しかしながら,ざ瘡様皮疹が高頻度に発現するため,治療の大きな妨げとなる場合もある。そこで薬物血中濃度の測定を行い,臨床評価および副作用発現の予測を行うことは重要な課題である。われわれは,2012年4月~2013年3月に,エルロチニブ服用患者のうち,化学療法皮膚反応外来を受診した患者4名を対象に薬物血中濃度および組織内濃度の測定を行った。80歳と高齢で生理機能が他の症例患者(63歳,66歳,67歳)と異なる1症例を除外した結果,各症例における薬物血中濃度と組織内濃度とに正の相関(y=0.012x-6.4151,R2=0.9208)が認められた。以上より,ざ瘡様皮疹が組織内濃度依存的に発現する可能性が示唆された。また,血中あるいは組織内濃度が,ざ瘡様皮疹発現の予測因子となり得るものと考えられた。

キーワード:エルロチニブ,ざ瘡様皮疹,薬物血中濃度

診療と新薬 2014;51(4):439-443

エルロチニブ投与患者における薬物血中および組織内濃度に関する一考察─ざ瘡様皮疹をきたした4 症例について─

1)高知大学医学部附属病院 薬剤部,2)高知大学医学部 皮膚科学教室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):439-443

Serum and Tissue Erlotinib Concentrations in Patients with Papulopustular Eruption ─ A Report of Four Cases ─

1)Department of Pharmacy, Kochi Medical School Hospital,2)Department of Dermatology, Kochi Medical School, Kochi University

Erlotinib is an epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor. It is clinically used to treat various cancers including non-small cell lung cancer. However, this drug frequently causes adverse effects, the most common of which is papulopustular eruption (PPE). Erlotinib-induced PPE is a clinical problem. We investigated the relationship between serum and tissue concentrations of erlotinib in patients with PPE. We measured the serum and tissue erlotinib concentrations in four outpatients with PPE who were treated for chemotherapy skin reactions from April 2012 to March 2013. One elderly patient (80 years of age) whose physiological functions greatly differed from those of the other patients (63, 66, and 67 years of age) was excluded from the assessment. We observed a positive correlation between the serum and tissue erlotinib concentrations in the remaining three patients (Y=0.012x-6.4151,R2=0.9208). We suggest that the erlotinib tissue concentration contributes to erlotinib-induced PPE. Our findings suggest that the erlotinib serum or tissue level may serve as a predictor of PPE.

Key words: erlotinib, papulopustular eruption, drug concentrations

診療と新薬 2014;51(4):439-443

エルロチニブ投与患者における薬物血中および組織内濃度に関する一考察─ざ瘡様皮疹をきたした4 症例について─

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):439-443

Serum and Tissue Erlotinib Concentrations in Patients with Papulopustular Eruption ─ A Report of Four Cases ─

PDF

PDF:403 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):444-448

非加熱生プラセンタ美容液の目尻のシワ改善効果

1)JACTA(日本臨床試験協会),2)福岡三井中央クリニック,3)水橋保寿堂製薬株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):444-448

診療と新薬 2014;51(4):444-448

非加熱生プラセンタ美容液の目尻のシワ改善効果

PDF

PDF:395 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報

診療と新薬 2014;51(4):450-452

【国際学会報告】去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)の化学療法(カバジタキセル,エンザルタミド)についての新たな知見~2014 ASCO-GU での報告から~

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):450-452

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(4):453-454

【シリーズ】「アトピー性皮膚炎が今,熱い」(第5回)石鹸の役割と皮膚バリア機能

亀田総合病院皮膚科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(4):453-454

診療と新薬 2014;51(4):453-454

【シリーズ】「アトピー性皮膚炎が今,熱い」(第5回)石鹸の役割と皮膚バリア機能

PDF

PDF:226 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.