診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 6件
  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(8):569-575

2型糖尿病患者におけるアログリプチン/メトホルミン塩酸塩配合錠(イニシンク配合錠)の服薬アドヒアランスに関する意識調査アンケートの検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):569-575

Attitude Survey Using Questionnaire of Alogliptin and Metformin Hydrochloride Combination Tablets (Inisync Combination Tablets) on Medication Adherence in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(8):569-575

2型糖尿病患者におけるアログリプチン/メトホルミン塩酸塩配合錠(イニシンク配合錠)の服薬アドヒアランスに関する意識調査アンケートの検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):569-575

Attitude Survey Using Questionnaire of Alogliptin and Metformin Hydrochloride Combination Tablets (Inisync Combination Tablets) on Medication Adherence in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

背景:糖尿病診療において,薬物治療は重要な役割を果たしている。医療従事者側が期待する服用薬剤数や服用回数の減少による患者の服薬アドヒアランス向上を目指した配合剤への変更は,患者がどのように感じているかは不明である。今回,アログリプチン/メトホルミン塩酸塩配合錠(イニシンク配合錠)へ変更した患者を対象に,アンケート調査による患者の服薬アドヒアランスに関する意識を明らかにすることを目的とした。
方法:食事・運動療法に加え糖尿病治療薬として,DPP-4阻害薬とメトホルミンの併用もしくはいずれか単剤を服用していた日本人の2型糖尿病患者に対し,イニシンク配合錠に変更した連続33例の患者を対象とした。有効性評価はイニシンク投与前後のHbA1cの変化とし,患者の服薬アドヒアランスに関する意識調査はイニシンク配合錠投与1カ月後にアンケート方式で実施した。
結果:イニシンク配合錠への変更において,DPP-4阻害薬とメトホルミンを併用していた患者15例はHbA1c(投与前:7.0%,平均投与期間9.7カ月後:7.1%)に影響を及ぼさなかったが,DPP-4阻害薬を投与していた患者16例はHbA1c(投与前:7.0%,平均投与期間10.5カ月後:6.7%,P<0.01)が有意に低下した。患者の服薬アドヒアランスに関する意識調査において,6割以上の患者が薬剤変更を特に意識していなかった。一方,イニシンク配合錠は約6割の患者で「剤型が大きい」と感じ,その中で「飲みにくい」と感じた患者は約半数であり,「飲み易さ」には個人差があった。また,薬剤変更への期待は7割以上の患者が「血糖値の改善」を挙げていた。服用錠剤数および服薬回数の減少に対して,5割以上の患者が「良かった」と回答し,否定的な回答は全くなかった。
結論:患者において,配合剤による変更は服用薬剤数・服用回数の低減メリットもあるが,血糖値改善を期待した服薬アドヒアランスの向上が重要であると示唆された。

Key words:イニシンク配合錠,アンケート,アドヒアランス,2型糖尿病

診療と新薬 2019;56(8):569-575

2型糖尿病患者におけるアログリプチン/メトホルミン塩酸塩配合錠(イニシンク配合錠)の服薬アドヒアランスに関する意識調査アンケートの検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):569-575

Attitude Survey Using Questionnaire of Alogliptin and Metformin Hydrochloride Combination Tablets (Inisync Combination Tablets) on Medication Adherence in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

PDF

PDF:358 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(8):576-581

不眠症治療薬の種類および服用量と転倒率との関連性

大分大学医学部附属病院薬剤部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):576-581

Relationship Between the Dosages of Insomnia Remedies

Department of Clinical Pharmacy, Oita University Hospital

診療と新薬 2019;56(8):576-581

不眠症治療薬の種類および服用量と転倒率との関連性

大分大学医学部附属病院薬剤部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):576-581

Relationship Between the Dosages of Insomnia Remedies

Department of Clinical Pharmacy, Oita University Hospital

医療施設における転倒・転落事故の原因として,環境的要因および内因的要因に分類され,内的要因の一つに中枢神経系に作用する向精神薬の使用および多剤併用が指摘されている。今回,大分大学医学部附属病院における転倒の発生と最も関連する不眠症治療薬の種類を明らかにすることを目的に調査を行った。不眠症治療薬服用患者において有意に転倒件数が多かったことから,不眠症治療薬は転倒リスクの上昇に影響すると考えられる。薬剤の作用時間と転倒率との間に相関はみられなかったため,短時間作用型の薬剤であっても,転倒・転落に注意する必要がある。また不眠症治療薬による転倒・転落を減少させるためには,不眠症治療薬の服用量を考慮する必要があると考えられる。

キーワード:不眠症治療薬,転倒,ベンゾジアゼピン系薬,適正使用

診療と新薬 2019;56(8):576-581

不眠症治療薬の種類および服用量と転倒率との関連性

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):576-581

Relationship Between the Dosages of Insomnia Remedies

PDF

PDF:207 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(8):582-587

シルクフィブロインの軽症域を含む健常被験者に対する脂質代謝能改善効果の検証:中性脂肪値を評価指標としたサブグループ解析

1)ドクターセラム株式会社,2)東京農業大学農学部農学科,3)元あさひ医王クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):582-587

診療と新薬 2019;56(8):582-587

シルクフィブロインの軽症域を含む健常被験者に対する脂質代謝能改善効果の検証:中性脂肪値を評価指標としたサブグループ解析

PDF

PDF:255 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(8):588-597

シミウスシリーズ化粧品による肌改善効果

1)日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック,3)株式会社メビウス製薬

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):588-597

Improvement Effect on Skin by Cosmetic Series of Simius

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Nihonbashi M's Clinic,3)Mebius Pharmaceutical Co.,Ltd.

診療と新薬 2019;56(8):588-597

シミウスシリーズ化粧品による肌改善効果

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):588-597

Improvement Effect on Skin by Cosmetic Series of Simius

PDF

PDF:301 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(8):598-605

セロトニン活性療法が健常成人の唾液中のセロトニン分泌に与える影響:無作為化比較対照臨床試験

1)株式会社TFCラボ,2)岡村クリニック,3)一般社団法人セロトニン活性療法協会

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):598-605

Effects of Serotonin Activation Therapy on Serotonin concentration in Saliva of Healthy Adults:A Randomized Controlled Clinical Trial

1)TFCLab. Co.,Ltd,2)Okamura Clinic,3)Association of Serotonin activation therapy

診療と新薬 2019;56(8):598-605

セロトニン活性療法が健常成人の唾液中のセロトニン分泌に与える影響:無作為化比較対照臨床試験

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):598-605

Effects of Serotonin Activation Therapy on Serotonin concentration in Saliva of Healthy Adults:A Randomized Controlled Clinical Trial

PDF

PDF:329 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(8):606-613

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):606-613

Impact of Moringa Seed Extract on Daily Fatigue and Low Back Pain: A Randomized, Parallel, Double-Blind, and Placebo-Controlled Study

Nutrition Division, Taiyo Kagaku Co., Ltd.

診療と新薬 2019;56(8):606-613

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):606-613

Impact of Moringa Seed Extract on Daily Fatigue and Low Back Pain: A Randomized, Parallel, Double-Blind, and Placebo-Controlled Study

Nutrition Division, Taiyo Kagaku Co., Ltd.

Objective: The objective of this study was to examine the effect of moringa seed extract containing glucomoringin (GMG) on fatigue in healthy working men and women.
Methods: Healthy adult working men and women (forty participants, Male: 18; Female: 22) were enrolled in this randomized, parallel, double-blind, and placebo-controlled study. The participants took 120 mg of moringa seed extract (GMG; 12 mg) or placebo every day for four consecutive weeks. The severity of fatigue and physical discomfort were evaluated with a Visual Analog Scale (VAS) and Chalder fatigue scale at baseline and every week of the study duration. A medical interview with a study physician was conducted at the baseline and end of the study.
Results: Intake of moringa seed extract led to the significant decrease in VAS scores of fatigue, low back pain, stiff shoulder, and eye strain. A difference in low back pain VAS scores from baseline was significantly higher in the treatment group than the placebo group after two weeks. Among the subjects with higher fatigue VAS score subgroups, the change was considerably more significant after four weeks in the treatment group. In the higher low back pain VAS score subgroups, the difference from the baseline scores was considerably more significant after 2, 3, and 4 weeks among the subjects of treatment group.
Conclusion: The consumption of moringa seed extract is found effective in lowering the severity of fatigue and low back pain among the healthy working men and women of middle age subjects with somewhat severe symptoms.

Key words: Moringa, Moringin, Glucomoringin, Fatigue, Low back pain

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(8):606-613

Impact of Moringa Seed Extract on Daily Fatigue and Low Back Pain: A Randomized, Parallel, Double-Blind, and Placebo-Controlled Study

PDF

PDF:90 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.