診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 7件
  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2013;50(12):1157-1160

バルサルタン錠(MSG303)の自然発症高血圧ラットにおける降圧作用の検討及びSDラットにおける急性毒性試験

Meiji Seikaファルマ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1157-1160

診療と新薬 2013;50(12):1157-1160

バルサルタン錠(MSG303)の自然発症高血圧ラットにおける降圧作用の検討及びSDラットにおける急性毒性試験

Meiji Seikaファルマ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1157-1160

Meiji Seikaファルマ株式会社が開発中のMSG303(以下,試験製剤)は,選択的AT1受容体ブロッカーであり,高血圧症治療薬であるディオバンⓇ錠80 mg(ノバルティス ファーマ株式会社:以下,標準製剤)と有効成分を同量含有する同一剤型の後発医薬品である。
本稿では,自然発症高血圧ラット(SHR)を用いて,試験製剤の降圧作用を標準製剤と比較した。また,両製剤の非臨床における安全性確認試験として,SD系雄性ラットを用いた急性毒性試験を実施した。
1)SHRを用いた降圧作用の検討:SHRに試験製剤及び標準製剤を,有効成分であるバルサルタンとして30 mg/kgの用量で1日1回,3日間反復経口投与し,最終投与5日後まで血圧を測定した。試験群は,陰性対照群(溶媒投与群),試験製剤群及び標準製剤群の3群とし,各群6匹使用した。血圧の測定は覚醒下で非観血的に行い,評価には収縮期血圧を用いた。その結果,試験製剤,標準製剤ともに,初回投与1時間後から血圧が有意に低下し,投与期間中は効果が持続した。最終投与終了後は徐々に血圧が回復し,両製剤とも最終投与5日後には陰性対照群と同程度にまで回復した。投与終了後に投与前値よりも血圧が高くなるようなリバウンド現象は観察されなかった。一方,試験製剤群と標準製剤群との比較では,試験期間を通じて有意な差は認められなかった。
2)SD系ラットを用いた急性毒性試験:SD系ラットに試験製剤及び標準製剤を,有効成分であるバルサルタンとして300 mg/kgの用量で単回経口投与し,急性期の毒性を評価した。試験群は,陰性対照群(溶媒投与群),試験製剤群及び標準製剤群の3群とし,各群3匹使用した。その結果,いずれの群にも死亡は認められず,投与後の一般状態にも変化は認められなかった。体重は,両製剤ともに陰性対照群と同様に推移し,差は認められなかった。投与から7日後に実施した剖検では,いずれの群にも毒性所見は認められなかった。
以上,SHRを用いた降圧作用の検討及びSD系ラットを用いた急性毒性試験において,MSG303はディオバンⓇ錠80 mgと同様の降圧作用及び安全性を有していることが明らかとなり,臨床においてディオバンⓇ錠80 mgと同様な治療効果を発揮することが期待される。

キーワード:バルサルタン,高血圧症,後発医薬品

診療と新薬 2013;50(12):1157-1160

バルサルタン錠(MSG303)の自然発症高血圧ラットにおける降圧作用の検討及びSDラットにおける急性毒性試験

PDF

PDF:174 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報

診療と新薬 2013;50(12):1162-1166

【記事広告】インタビュー■糖尿病性足潰瘍治療における神戸分類の活用とLipo PGE1製剤の意義

神戸大学大学院医学研究科 形成外科学

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1162-1166

  • 書誌情報
  • 要旨

診療と新薬 2013;50(12):1168-1173

《レビュー》乳がん診療:内分泌療法の治療完遂─薬剤師の患者説明と飲み忘れ対策─

国立がん研究センター東病院 薬剤部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1168-1173

診療と新薬 2013;50(12):1168-1173

《レビュー》乳がん診療:内分泌療法の治療完遂─薬剤師の患者説明と飲み忘れ対策─

国立がん研究センター東病院 薬剤部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1168-1173

乳がんに対する内分泌療法(ホルモン療法)を受ける患者の多くは,治療薬を院外処方で保険薬局から受け取ることになるが,本療法は長期にわたることから,特定の調剤薬局を「かかりつけ薬局」として決めていただくことが望ましい。服薬アドヒアランスの低下の一つに飲み忘れがある。その防止に寄与しうる治療薬の剤型としてフィルム製剤があるが,これは服薬日付等の書き込みや携帯が容易で,また目新しい剤型が患者の服薬意欲を増すことも考えられる。それと同時に,かかりつけ薬局の薬剤師が服薬をサポートすることは,飲み忘れ防止の有効な対策となろう。医師は,患者が処方箋をどの薬局に依頼するのかが不明で,このことが調剤薬局の薬剤師と医師との連携を困難にしている。かかりつけ薬局の薬剤師が服薬指導等を行うことで患者との信頼関係が構築され,そこから得られた情報を医師へとフィードバックすることが,調剤薬局の薬剤師の,病院薬剤師とは異なる大きな役割と考えられ,そうした服薬アドヒアランスへの支援が薬剤師には期待される。

  • 書誌情報

診療と新薬 2013;50(12):1175-1178

【国際学会報告】転移性腎細胞癌(mRCC)におけるソラフェニブ治療の検討~European Cancer Congress 2013より~

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1175-1178

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2013;50(12):1179-1185

経口強心薬ピモベンダンが有効であった,短期間のうちに入退院を繰り返した若年者拡張型心筋症の一例

時計台記念病院循環器センター

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1179-1185

診療と新薬 2013;50(12):1179-1185

経口強心薬ピモベンダンが有効であった,短期間のうちに入退院を繰り返した若年者拡張型心筋症の一例

PDF

PDF:313 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2013;50(12):1187-1194

日本人癌性疼痛患者における新規なフェンタニル3日用テープの有効性,安全性及び薬物動態

1)独立行政法人国立病院機構千葉医療センター 頭頸部外科・耳鼻咽喉科,2)独立行政法人国立病院機構岩国医療センター 呼吸器外科,3)石川県立中央病院 外科,乳腺・内分泌外科,4)財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院 内科,5)独立行政法人国立病院機構金沢医療センター 放射線科,6)諏訪赤十字病院 外科,7)北海道大学病院 第一内科,8)独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 消化器科,9)独立行政法人国立病院機構岡山医療センター 呼吸器科,10)一般財団法人厚生会仙台厚生病院 呼吸器内科,11)総合病院国保旭中央病院 泌尿器科,12)国民健康保険小松市民病院 外科,13)社会医療法人財団慈泉会相澤病院 がん集学治療センター,14)公益財団法人結核予防会複十字病院 呼吸器内科,15)埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1187-1194

Efficacy, Safety and Pharmacokinetics of a Novel Fentanyl Tape for 3 Days in Japanese Patients with Cancer Pain

1)Department of Head and Neck Surgery-Otolaryngology, National Hospital Organization Chiba Medical Center,2)Thoracic Surgery, National Hospital Organization Iwakuni Clinical Center,3)Breast and Endocrine Surgery, Ishikawa Prefectural Central Hospital,4)Internal Medicine, Jizankai Medical Foundation Tsuboi Cancer Center Hospital,5)Radiology, National Hospital Organization Kanazawa Medical Center,6)Surgery, Suwa Red Cross Hospital,7)First Department of Medicine, Hokkaido University Hospital,8)Gastroenterology, National Hospital Organization Mito Medical Center,9)Respiratory, National Hospital Organization Okayama Medical Center,10)Department of Pulmonary Medicine, Sendai Kousei Hospital,11)The Department of Urology, Asahi General Hospital,12)Surgery, Komatsu Municipal Hospital,13)Comprehensive Cancer Center, Aizawa Hospital,14)Department of Respiratory Medicine, Fukujuji Hospital, Japan Anti-Tuberculosis Association,15)Respiratory Medicine, Saitama Medical University International Medical Center

診療と新薬 2013;50(12):1187-1194

日本人癌性疼痛患者における新規なフェンタニル3日用テープの有効性,安全性及び薬物動態

1)独立行政法人国立病院機構千葉医療センター 頭頸部外科・耳鼻咽喉科,2)独立行政法人国立病院機構岩国医療センター 呼吸器外科,3)石川県立中央病院 外科,乳腺・内分泌外科,4)財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院 内科,5)独立行政法人国立病院機構金沢医療センター 放射線科,6)諏訪赤十字病院 外科,7)北海道大学病院 第一内科,8)独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 消化器科,9)独立行政法人国立病院機構岡山医療センター 呼吸器科,10)一般財団法人厚生会仙台厚生病院 呼吸器内科,11)総合病院国保旭中央病院 泌尿器科,12)国民健康保険小松市民病院 外科,13)社会医療法人財団慈泉会相澤病院 がん集学治療センター,14)公益財団法人結核予防会複十字病院 呼吸器内科,15)埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1187-1194

Efficacy, Safety and Pharmacokinetics of a Novel Fentanyl Tape for 3 Days in Japanese Patients with Cancer Pain

1)Department of Head and Neck Surgery-Otolaryngology, National Hospital Organization Chiba Medical Center,2)Thoracic Surgery, National Hospital Organization Iwakuni Clinical Center,3)Breast and Endocrine Surgery, Ishikawa Prefectural Central Hospital,4)Internal Medicine, Jizankai Medical Foundation Tsuboi Cancer Center Hospital,5)Radiology, National Hospital Organization Kanazawa Medical Center,6)Surgery, Suwa Red Cross Hospital,7)First Department of Medicine, Hokkaido University Hospital,8)Gastroenterology, National Hospital Organization Mito Medical Center,9)Respiratory, National Hospital Organization Okayama Medical Center,10)Department of Pulmonary Medicine, Sendai Kousei Hospital,11)The Department of Urology, Asahi General Hospital,12)Surgery, Komatsu Municipal Hospital,13)Comprehensive Cancer Center, Aizawa Hospital,14)Department of Respiratory Medicine, Fukujuji Hospital, Japan Anti-Tuberculosis Association,15)Respiratory Medicine, Saitama Medical University International Medical Center

フェンタニル3日用テープの先発医薬品(標準薬剤)にて疼痛コントロールされている日本人の癌性疼痛患者46例を対象に,標準薬剤とは異なるゴム系の粘着材を用いた新規なフェンタニル3日用テープ(試験薬剤)に切り替えた時の有効性(全般改善度,NRS等),安全性(CTCAE)及びトラフ値により薬物動態の比較検討を行った。その結果,フェンタニル3日用テープの試験薬剤は,標準薬剤と同様な有効性,安全性を有する製剤であることが確認された。

Key words:フェンタニル,日本人癌性疼痛患者,有効性

診療と新薬 2013;50(12):1187-1194

日本人癌性疼痛患者における新規なフェンタニル3日用テープの有効性,安全性及び薬物動態

1)独立行政法人国立病院機構千葉医療センター 頭頸部外科・耳鼻咽喉科,2)独立行政法人国立病院機構岩国医療センター 呼吸器外科,3)石川県立中央病院 外科,乳腺・内分泌外科,4)財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院 内科,5)独立行政法人国立病院機構金沢医療センター 放射線科,6)諏訪赤十字病院 外科,7)北海道大学病院 第一内科,8)独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 消化器科,9)独立行政法人国立病院機構岡山医療センター 呼吸器科,10)一般財団法人厚生会仙台厚生病院 呼吸器内科,11)総合病院国保旭中央病院 泌尿器科,12)国民健康保険小松市民病院 外科,13)社会医療法人財団慈泉会相澤病院 がん集学治療センター,14)公益財団法人結核予防会複十字病院 呼吸器内科,15)埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1187-1194

Efficacy, Safety and Pharmacokinetics of a Novel Fentanyl Tape for 3 Days in Japanese Patients with Cancer Pain

1)Department of Head and Neck Surgery-Otolaryngology, National Hospital Organization Chiba Medical Center,2)Thoracic Surgery, National Hospital Organization Iwakuni Clinical Center,3)Breast and Endocrine Surgery, Ishikawa Prefectural Central Hospital,4)Internal Medicine, Jizankai Medical Foundation Tsuboi Cancer Center Hospital,5)Radiology, National Hospital Organization Kanazawa Medical Center,6)Surgery, Suwa Red Cross Hospital,7)First Department of Medicine, Hokkaido University Hospital,8)Gastroenterology, National Hospital Organization Mito Medical Center,9)Respiratory, National Hospital Organization Okayama Medical Center,10)Department of Pulmonary Medicine, Sendai Kousei Hospital,11)The Department of Urology, Asahi General Hospital,12)Surgery, Komatsu Municipal Hospital,13)Comprehensive Cancer Center, Aizawa Hospital,14)Department of Respiratory Medicine, Fukujuji Hospital, Japan Anti-Tuberculosis Association,15)Respiratory Medicine, Saitama Medical University International Medical Center

In Japanese pain controlled 46 patients with cancer pain, the drug was changed from Fentanyl tape for 3 days to Novel Fentanyl tape for 3 days. Novel Fentanyl tape for 3 days has rubber pressure sensitive adhesive, and its adhesive is different from Fentanyl tape for 3 days' one. We investigated about efficacy (Overall efficacy rate, NRS etc), safety (CTCAE) and pharmacokinetics (trough concentrations). In conclusions, it was confirmed that Novel Fentanyl tape for 3 days was a drug having the efficacy, safety and pharmacokinetics that was similar to Fentanyl Tape for 3 days.

診療と新薬 2013;50(12):1187-1194

日本人癌性疼痛患者における新規なフェンタニル3日用テープの有効性,安全性及び薬物動態

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1187-1194

Efficacy, Safety and Pharmacokinetics of a Novel Fentanyl Tape for 3 Days in Japanese Patients with Cancer Pain

PDF

PDF:233 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2013;50(12):1195-1196

【シリーズ】「アトピー性皮膚炎が今,熱い」(第1回)皮膚バリア機能の再認識

亀田総合病院皮膚科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2013;50(12):1195-1196

診療と新薬 2013;50(12):1195-1196

【シリーズ】「アトピー性皮膚炎が今,熱い」(第1回)皮膚バリア機能の再認識

PDF

PDF:117 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.