診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 11件
  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):533-537

フラクショナルニードルRF機器「ビューホット」によるわきが治療の手技,プロトコールおよび臨床成績

ガーデンクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):533-537

診療と新薬 2017;54(5):533-537

フラクショナルニードルRF機器「ビューホット」によるわきが治療の手技,プロトコールおよび臨床成績

ガーデンクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):533-537

わきが(腋臭症)は日本人の10%が罹患していると推計される,患者にとって切実な悩みを伴う疾患である。本稿では,汗腺を直接減らすわきがの治療法の一つとして,ラジオ波(RF)治療器である「ビューホット」による汗腺破壊療法について,当クリニックでの手技,プロトコールを臨床成績とともに紹介する。

キーワード:わきが(腋臭症),ラジオ波(RF)治療器,ビューホット,汗腺破壊療法,再治療率

診療と新薬 2017;54(5):533-537

フラクショナルニードルRF機器「ビューホット」によるわきが治療の手技,プロトコールおよび臨床成績

PDF

PDF:291 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):538-554

テルチアⓇ配合錠AP「日医工」およびテルチアⓇ配合錠BP「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人社団盟生会 東新宿クリニック,2)医療法人社団成守会 成守会クリニック,3)日医工株式会社 開発・企画本部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):538-554

Bioequivalence study of TELTHIA TABLETS AP「NICHIIKO」 and TELTHIA TABLETS BP「NICHIIKO」 on healthy adults

1) Higashi-Sinjyuku Clinic,2) Seishukai Clinic

診療と新薬 2017;54(5):538-554

テルチアⓇ配合錠AP「日医工」およびテルチアⓇ配合錠BP「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):538-554

Bioequivalence study of TELTHIA TABLETS AP「NICHIIKO」 and TELTHIA TABLETS BP「NICHIIKO」 on healthy adults

PDF

PDF:314 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):555-564

膵外分泌機能不全患者におけるパンクレリパーゼ(リパクレオンⓇ)の投与量別の有効性に影響を与える因子の検討

1)マイランEPD合同会社,2)EAファーマ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):555-564

Analysis of Factors Affecting the Efficacy of Pancrelipase (Lipacreon®) at Different Doses in Patients with Exocrine Pancreatic Insufficiency

1)Mylan EPD G.K.,2)EA Pharma Co., Ltd.

診療と新薬 2017;54(5):555-564

膵外分泌機能不全患者におけるパンクレリパーゼ(リパクレオンⓇ)の投与量別の有効性に影響を与える因子の検討

1)マイランEPD合同会社,2)EAファーマ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):555-564

Analysis of Factors Affecting the Efficacy of Pancrelipase (Lipacreon®) at Different Doses in Patients with Exocrine Pancreatic Insufficiency

1)Mylan EPD G.K.,2)EA Pharma Co., Ltd.

パンクレリパーゼ製剤(リパクレオンⓇ:以下,リパクレオン)の長期使用での特定使用成績調査が2011年8月から2013年7月まで前向き中央登録方式にて行われた。本報告では,登録された患者(579例)の中で,初回投与時の投与量が1800 mg/日であった群(357例)と900 mg/日であった群(152例)において長期使用時の有効性の差異ならびに影響を与える因子について検討を行った。その結果,1800 mg/日投与群だけでなく900 mg/日投与群も栄養状態の改善・症状の改善において有効であることが確認された。一方で,治験時の背景に近いと考えられる① 低栄養状態,② 脂肪便など便の異常を有し膵外分泌機能不全に伴う症状を複数個有する患者背景において1800 mg/日投与群の方が900 mg/日投与群と比べて有意に効果が高いことが確認された。これらの結果から,リパクレオンの投与量判断において投与時の栄養状態や症状の有無を念頭に入れて投与量を判断することにより,より適正な膵酵素補充療法が実施できることが示唆された。

キーワード:リパクレオン,膵外分泌機能不全,投与量,膵酵素補充療法

診療と新薬 2017;54(5):555-564

膵外分泌機能不全患者におけるパンクレリパーゼ(リパクレオンⓇ)の投与量別の有効性に影響を与える因子の検討

1)マイランEPD合同会社,2)EAファーマ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):555-564

Analysis of Factors Affecting the Efficacy of Pancrelipase (Lipacreon®) at Different Doses in Patients with Exocrine Pancreatic Insufficiency

1)Mylan EPD G.K.,2)EA Pharma Co., Ltd.

Concerning the pancrelipase preparation Lipacreon® (hereinafter simply called "Lipacreon"), a special drug use-results survey on its long-term use was carried out from August 2011 to July 2013, adopting the prospective central registration method. In this report, the differences in efficacy during long-term use and factors affecting the efficacy of this product in a group of patients treated at the initial dose of 1800 mg/day (n = 357) and another group of patients treated at the initial dose of 900 mg/day (n = 152) among the patients registered (n = 579) was examined. It was confirmed that the product was effective in improving the nutritional state and alleviating symptoms not only in the 1800 mg/day treatment group but also in the 900 mg/day treatment group. It was additionally shown that 1800-mg/day treatment is significantly more effective than 900-mg/day treatment in patients with the following background (patients considered to be close to the background of patients enrolled to the pre-marketing clinical trials): (1) malnutrition, and (2) having abnormal feces (e.g., fatty stool) and presenting with multiple symptoms associated with exocrine pancreatic insufficiency. These results suggest that more appropriate pancreatic enzyme replacement therapy will be enabled if the Lipacreon dose is determined by taking into consideration the nutritional status and presence/absence of symptoms at the start of treatment.

Key words: Lipacreon, exocrine pancreatic insufficiency, dose, pancreatic enzyme replacement therapy

診療と新薬 2017;54(5):555-564

膵外分泌機能不全患者におけるパンクレリパーゼ(リパクレオンⓇ)の投与量別の有効性に影響を与える因子の検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):555-564

Analysis of Factors Affecting the Efficacy of Pancrelipase (Lipacreon®) at Different Doses in Patients with Exocrine Pancreatic Insufficiency

PDF

PDF:274 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):565-568

インスリン グラルギンU100からU300へ変更時のセルフタイトレーションの有効性について

坂出市立病院糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):565-568

診療と新薬 2017;54(5):565-568

インスリン グラルギンU100からU300へ変更時のセルフタイトレーションの有効性について

坂出市立病院糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):565-568

空腹時高血糖の存在は,肝臓および末梢組織におけるブドウ糖の取り込みを減少させ,肝糖産生を亢進させる。そのため,糖尿病治療において糖代謝を是正し,血糖コントロールを改善する上で基礎インスリンを投与する意義は大きいと考えられる。当院にて空腹時血糖値(FPG)がコントロールされているBasal Supported Oral Therapy(BOT)およびBasal-Bolus Therapy(BBT)で治療中の2型糖尿病患者145例に対し,基礎インスリンをインスリン グラルギンU100(ランタスⓇ)からインスリン グラルギンU300(ランタスⓇXR)へ変更し,セルフタイトレーションによって24週間治療を継続した。その結果,FPGおよびHbA1cは有意に改善され,追加インスリン単位数,体重および低血糖の発現頻度は有意に減少した(各p<0.001,t検定)。BOTまたはBBTにおいてグラルギンU300を用いたセルフタイトレーションは有用であり,また,グラルギンU100からグラルギンU300へ変更する際の臨床上の目安を示すことができたと考える。

Key word:基礎インスリン,Basal Supported Oral Therapy(BOT),Basal-Bolus Therapy(BBT),インスリン グラルギンU100(ランタスⓇ)・U300(ランタスⓇXR),セルフタイトレーション

診療と新薬 2017;54(5):565-568

インスリン グラルギンU100からU300へ変更時のセルフタイトレーションの有効性について

PDF

PDF:168 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):569-571

当初インスリンの自己注射に抵抗を示したが,週2回の外来看護師による遅行型インスリン デグルデク投与から自己管理へと移行でき,良好な血糖管理を認めた2型糖尿病の1症例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):569-571

A Case of Type 2 Diabetes that Rejects Insulin Strongly Showed Improvement of Glycemic Control in Twice a Week Administration of Long Acting Insulin Degludec by Teaching Nurse Alone to Self Control

Department of Diabetology, Saijo Central Hospital

診療と新薬 2017;54(5):569-571

当初インスリンの自己注射に抵抗を示したが,週2回の外来看護師による遅行型インスリン デグルデク投与から自己管理へと移行でき,良好な血糖管理を認めた2型糖尿病の1症例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):569-571

A Case of Type 2 Diabetes that Rejects Insulin Strongly Showed Improvement of Glycemic Control in Twice a Week Administration of Long Acting Insulin Degludec by Teaching Nurse Alone to Self Control

Department of Diabetology, Saijo Central Hospital

インスリン治療に抵抗を示し,導入が遅れる2型糖尿病患者は現在でも少なくないが,今回,まず外来での看護師による週2回遅行型インスリン デグルデクの皮下注射から開始し,その外来時に丹念に指導を行うことで皮下注射に徐々に慣れ,自己管理へと移行でき,以降良好な血糖管理が得られた2型糖尿病の1症例を経験した。遅行型インスリン デグルデクを週2回導入するだけで,血糖管理が改善する症例は少なくなく,患者の負担を軽減する柔軟なインスリン導入の一選択肢として,有用と考える。

キーワード:遅行型インスリン デグルデク週2回投与,インスリン治療に抵抗を示す2型糖尿病患者,看護師による投与から自己注射への移行

診療と新薬 2017;54(5):569-571

当初インスリンの自己注射に抵抗を示したが,週2回の外来看護師による遅行型インスリン デグルデク投与から自己管理へと移行でき,良好な血糖管理を認めた2型糖尿病の1症例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):569-571

A Case of Type 2 Diabetes that Rejects Insulin Strongly Showed Improvement of Glycemic Control in Twice a Week Administration of Long Acting Insulin Degludec by Teaching Nurse Alone to Self Control

Department of Diabetology, Saijo Central Hospital

Long acting insulin degludec have been administered to a number of type 2 diabetes patients, but twice a week administration of insulin degludec have not been much done. For diabetic patients that rejected insulin strongly, we prescribed anti-oral diabetic agents alone, when her plasma glucose control was worse, we should prescribe insulin as soon as possible. In this case, we prescribed twice a week administration of long acting insulin degludec 20 u/week without air shot (once dose is 10 u). As a result, better glycemic control were obtained, her body weight did not increase. This case suggests twice a week administration of insulin degludec are much effective from under by staff alone control to self-ones, reductions of patient mental stress, good adherence of medications and better glycemic control type 2 diabetes therapy if they reject insulin and GLP-1 analogue.

Key words: twice a week administration, long acting insulin degludec, under by staff alone control to self-ones, type 2 diabetes patients that reject insulin

診療と新薬 2017;54(5):569-571

当初インスリンの自己注射に抵抗を示したが,週2回の外来看護師による遅行型インスリン デグルデク投与から自己管理へと移行でき,良好な血糖管理を認めた2型糖尿病の1症例

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):569-571

A Case of Type 2 Diabetes that Rejects Insulin Strongly Showed Improvement of Glycemic Control in Twice a Week Administration of Long Acting Insulin Degludec by Teaching Nurse Alone to Self Control

PDF

PDF:156 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):573-579

シルクフィブロインの血清脂質および糖代謝能に対する機能性と安全性の層別解析

1)ドクターセラム株式会社,2)東京農業大学農学部農学科,3)芝浦スリーワンクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):573-579

Stratified Analysis of Functionality and Safety Against Serum Lipid and Sugar Metabolism of Silk Fibroin

1)Doctor Serum Co., Ltd.,2)Tokyo University of Agriculture Faculty of Agriculture Department of Agriculture,3)Shibaura Three-one Clinic

診療と新薬 2017;54(5):573-579

シルクフィブロインの血清脂質および糖代謝能に対する機能性と安全性の層別解析

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):573-579

Stratified Analysis of Functionality and Safety Against Serum Lipid and Sugar Metabolism of Silk Fibroin

PDF

PDF:259 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):580-585

シルクフィブロイン過剰摂取時の安全性の検証

1)石川町内科クリニック,2)ドクターセラム株式会社,3)芝浦スリーワンクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):580-585

Safety Verification of the Excess Intake of Silk Fibroin

1)Ishikawacyo clinic of internal medicine,2)Doctor Serum Co., Ltd,3)Shibaura Three-one Clinic

診療と新薬 2017;54(5):580-585

シルクフィブロイン過剰摂取時の安全性の検証

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):580-585

Safety Verification of the Excess Intake of Silk Fibroin

PDF

PDF:205 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):586-592

シルクフィブロイン長期摂取による脂質代謝改善効果の検証:無作為化二重盲検クロスオーバー試験

1)石川町内科クリニック 院長,2)石川町内科クリニック 医師,3)ドクターセラム株式会社,4)東京農業大学農学部農学科,5)芝浦スリーワンクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):586-592

診療と新薬 2017;54(5):586-592

シルクフィブロイン長期摂取による脂質代謝改善効果の検証:無作為化二重盲検クロスオーバー試験

PDF

PDF:301 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):593-602

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):593-602

Skin Enhancement Efficacy of Supplements Containing Four Amino Acids in Healthy Japanese Women: A Randomized Double-blind Placebo-controlled Study

1) JACTA (Japan Clinical Trial Association),2) Nihonbashi M's Clinic,3) RISOU Co., Ltd,4) C-TECJAPAN Co., Ltd

診療と新薬 2017;54(5):593-602

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):593-602

Skin Enhancement Efficacy of Supplements Containing Four Amino Acids in Healthy Japanese Women: A Randomized Double-blind Placebo-controlled Study

1) JACTA (Japan Clinical Trial Association),2) Nihonbashi M's Clinic,3) RISOU Co., Ltd,4) C-TECJAPAN Co., Ltd

Objective: The objective of this research was to investigate the effectiveness of daily ingestion of a supplement containing RHIZOPUS/RICE FERMENT FD POWDER, which features Glutamine acid, Aspartic acid, Proline, and Arginine, on the condition of the human skin.
Methods: A randomized, placebo-controlled, double-blind study was conducted to verify the skin condition. In this study we measured wrinkles, the amount of surface spots (visible spots and hidden ones), the amount of melanin, the whiteness of the complexion, the stratum corneum water content and the trans-epidermal water loss (TEWL), three kinds of elasticity and also carried out the subjective reporting in form of questionnaire. To evaluate the safety of the test foods, adverse events were collected by means of a written questionnaire during the study.
Results: From all of 155 applicants, 108 were eliminated according to not meeting inclusion criteria. The 47 subjects were randomly assigned to intervention groups and made a start with ingestion. Among 47 subjects, 2 were withdrawn due to personal reason. Data obtained with 45 subjects (Test; 22, Placebo; 23) was used for the analysis of efficacy. After the 12-week ingestion the test group showed a significant difference in "Wrinkle grade", "The whiteness of the complexion", "The stratum corneum water content", "Melanin", and "lasticityR2" compared to the Placebo. On the other hand, the tendency was not seen in "Spot" or "The trans-epidermal water loss". As for the subjective evaluation, we observed a significant difference in 7 out of 20 items. No adverse effects were observed after the ingestion of the test product.
Conclusion: We found out that the 12-week ingestion of the test product containing RHIZOPUS/RICE FERMENT FD POWDER, which has a plenty of amino acids such as glutamine acid, aspartic acid, proline, and arginine, contributed to the improvement of the skin condition such as elasticity, tightness or moisture. In addition, no safety-related matter was observed during the 12-week test period.

Key Words: RHIZOPUS/RICE FERMENT FD POWDER, amino acid, skin condition, elasticity, wrinkle grade

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):593-602

Skin Enhancement Efficacy of Supplements Containing Four Amino Acids in Healthy Japanese Women: A Randomized Double-blind Placebo-controlled Study

PDF

PDF:100 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2017;54(5):603-608

篠崎式整体イネイトリボーン療法による体のゆがみ改善効果(体バランス調整効果)と小顔・リフトアップ効果

1)一般財団法人 日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック,3)アクシス株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):603-608

診療と新薬 2017;54(5):603-608

篠崎式整体イネイトリボーン療法による体のゆがみ改善効果(体バランス調整効果)と小顔・リフトアップ効果

1)一般財団法人 日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック,3)アクシス株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2017;54(5):603-608

目的:本試験では,美容整体技術(施術)である「篠崎式整体イネイトリボーン療法」の体のゆがみの改善効果と,併せて小顔効果について検証した。方法:体のコリに悩みを持つ者で,かつ体の左右バランスが崩れている成人男女に対し,施術者(アクシス株式会社)が本施術を施行し,施術前の状態と比較して施術後の体のゆがみ(体の左右バランス)と顔の輪郭がどう変化したのかを評価するオープン試験とした。
結果:15名(男5名,女10名)に本施術を施行した結果,首と上半身の回旋域および腕と脚の可動域が有意に広がった。主観評価においても,首,肩,腰の違和感が有意に減少したことが分かった。さらに,顔の施術を受けた11名の結果を評価したところ,顔幅(耳下点と口角点)が有意に減少した。有害事象の発現はなかった。
結論:本施術により,首や体の回転域と手足の可動域増加,首・肩・腰の違和感の減少がみられ,ゆがみが改善された。さらに小顔とリフトアップ効果が示唆された。安全性についても問題はなかった。

キーワード:ゆがみ(distortion),体バランス(body balance),小顔(small face),イネイトリボーン療法(Innate Reborn therapy)

診療と新薬 2017;54(5):603-608

篠崎式整体イネイトリボーン療法による体のゆがみ改善効果(体バランス調整効果)と小顔・リフトアップ効果

PDF

PDF:221 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.