診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 6件
  • 書誌情報

診療と新薬 2015;52(12):1129-1130

【記事広告】糖尿病 ─ インスリン治療戦略 ─ Ⅰ アンチエイジングから考える糖尿病治療戦略

久留米大学医学部 糖尿病性血管合併症病態・治療学

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1129-1130

  • 書誌情報

診療と新薬 2015;52(12):1131-1131

【記事広告】糖尿病 ─ インスリン治療戦略 ─ Ⅱ 病棟でのインスリン治療戦略

1)長崎病院 内分泌糖尿病内科,2)さいたま赤十字病院 糖尿病内分泌内科,3)中頭病院 内分泌・代謝内科,4)金沢病院 内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1131-1131

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2015;52(12):1133-1140

LoopampⓇ百日咳菌検出試薬キットDの臨床的評価

1)岡藤小児科医院,2)医療法人嗣業の会 外房こどもクリニック,3)JA愛知県厚生連江南厚生病院 こども医療センター,4)独立行政法人国立病院機構 福岡病院,5)東京都済生会中央病院,6)さいわいこどもクリニック,7)北里生命科学研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1133-1140

Clinical Evaluation of the LoopampⓇ (Loop-mediated Isothermal Amplification) Bordetella Pertussis Detection Kit D

1)Okafuji Pediatric Clinic,2)Medical Corporation Shigyonokai Sotobo Children's Clinic,3)Departments of Pediatrics, Konan Kosei Hospital,4)National Hospital Organization Fukuoka National Hospital,5)Tokyo Saiseikai Central Hospital,6)Saiwai Pediatric Clinic,7)Kitasato Institute for Life Sciences

診療と新薬 2015;52(12):1133-1140

LoopampⓇ百日咳菌検出試薬キットDの臨床的評価

1)岡藤小児科医院,2)医療法人嗣業の会 外房こどもクリニック,3)JA愛知県厚生連江南厚生病院 こども医療センター,4)独立行政法人国立病院機構 福岡病院,5)東京都済生会中央病院,6)さいわいこどもクリニック,7)北里生命科学研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1133-1140

Clinical Evaluation of the LoopampⓇ (Loop-mediated Isothermal Amplification) Bordetella Pertussis Detection Kit D

1)Okafuji Pediatric Clinic,2)Medical Corporation Shigyonokai Sotobo Children's Clinic,3)Departments of Pediatrics, Konan Kosei Hospital,4)National Hospital Organization Fukuoka National Hospital,5)Tokyo Saiseikai Central Hospital,6)Saiwai Pediatric Clinic,7)Kitasato Institute for Life Sciences

6医療施設によるLoopampⓇ百日咳菌検出試薬キットDの臨床性能試験を実施した。解析対象として,前向き試験103検体,陽性保存検体(核酸抽出液)88検体を用いた。
前向き試験の臨床診断(百日咳確定診断18検体)に対して,LAMP法被験試薬は感度27.8%,特異度100.0%,全体一致率は87.4%を示した。同じ遺伝子検査であるreal-time PCR法は感度38.9%,特異度100.0%,全体一致率89.3%を示した。培養法は感度11.1%,特異度100.0%,全体一致率84.5%を示した。一部判定不能例があったが,抗PT抗体測定法は感度93.8%,特異度86.8%,全体一致率88.1%を示した。感度は,抗PT抗体価が最も高く,培養法が最も低かった。特異度は,培養法,real-time PCR法,LAMP法被験試薬ともに100.0%を示し非常に高かった。遺伝子検査は,培養法よりも高い感度を,抗PT抗体価よりも高い特異度を有することが明らかとなった。
日本呼吸器学会による「咳嗽に関するガイドライン第2版」の百日咳診断フローチャートに則ると,11検体はLAMP法被験試薬で検出されるべき検体と考えられ,そのうち5検体を検出することができた(5/11,45.5%)。培養法と比較すると,LAMP法被検試薬は約2.5倍の検出率であった。検出できなかった残り6検体はreal-time PCR法でも未検出であったことから,検体中の百日咳菌がごく微量であったためと考えられた。遺伝子検査試薬間の相関は,前向き試験において2検体のみ乖離(LAMP法被験試薬陰性,real-time PCR法陽性)がみられたが,配列解析の結果2検体ともに百日咳菌以外のBordetella属菌であることがわかった。また,陽性保存88検体を両遺伝子検査試薬に供試したところ,
LAMP法被検試薬はreal-time PCR法に対して感度,全体一致率ともに96.5%を示した。LAMP法被験試薬で陰性を示した乖離3検体は,検体中の百日咳菌が少なかったためと考えられた。LAMP法被験試薬は,real-time PCR法と良好な相関を示しており,操作性に優れ,特殊な機器を必要としないことから,一般の病院での使用を容易とし,今まで困難であった百日咳の早期診断に寄与するものと考えられた。

診療と新薬 2015;52(12):1133-1140

LoopampⓇ百日咳菌検出試薬キットDの臨床的評価

1)岡藤小児科医院,2)医療法人嗣業の会 外房こどもクリニック,3)JA愛知県厚生連江南厚生病院 こども医療センター,4)独立行政法人国立病院機構 福岡病院,5)東京都済生会中央病院,6)さいわいこどもクリニック,7)北里生命科学研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1133-1140

Clinical Evaluation of the LoopampⓇ (Loop-mediated Isothermal Amplification) Bordetella Pertussis Detection Kit D

1)Okafuji Pediatric Clinic,2)Medical Corporation Shigyonokai Sotobo Children's Clinic,3)Departments of Pediatrics, Konan Kosei Hospital,4)National Hospital Organization Fukuoka National Hospital,5)Tokyo Saiseikai Central Hospital,6)Saiwai Pediatric Clinic,7)Kitasato Institute for Life Sciences

A clinical performance study of a loop-mediated isothermal amplification (LAMP)-based test reagent (LoopampⓇ Bordetella pertussis detection kit D) was conducted in 6 medical institutions. A total of 103 samples from a prospective study and 88 preserved positive samples (nucleic acid extract) were analyzed.
Pertussis detection by four assays in 18 samples from patients with a definitive diagnosis of pertussis in the prospective study was compared to clinical diagnosis. Pertussis was detected with a sensitivity, specificity, and overall agreement rate of 27.8%, 100.0%, and 87.4% using the LAMP-based test; 38.9%, 100.0%, and 89.3% using real-time PCR analysis, which is also a genetic test; 11.1%, 100.0%, and 84.5% using the cultural method; and 93.8%, 86.8%, and 88.1% using the anti-PT antibody assay, although some samples were indeterminate. The sensitivity was highest for the anti-PT antibody assay and lowest for the cultural method. The specificity was as high as 100.0% for the cultural method, real-time PCR analysis, and LAMP-based test. It was shown that the genetic tests had higher sensitivity than the cultural method and higher specificity than the anti-PT antibody assay. According to the diagnostic flowchart for pertussis described in the Japanese Respiratory Society Guidelines for Management of Cough (2nd edition), 11 samples were supposed to be positive when analyzed using the LAMP-based test reagent; in actuality, 5 of the 11 samples were positive (5/11, 45.5%). The LAMP-based test had an approximately 2.5 times higher detection rate than the cultural method. Since the remaining 6 samples were negative when analyzed by both the LAMP-based test and real-time PCR analysis, the amount of Bordetella pertussis in the samples may have been very low. In the prospective study, the two reagents for genetic testing yielded inconsistent results in only 2 samples (negative with the LAMP-based test reagent and positive in the real-time PCR analysis); however, sequence analysis revealed that the bacteria in these 2 samples were Bordetella species other than Bordetella pertussis. When the 88 preserved positive samples were analyzed using the two reagents for genetic testing, the LAMP-based test reagent had a sensitivity of 96.5% and an overall agreement rate of 96.5%. The amounts of Bordetella pertussis in the 3 positive samples that were negative in the LAMP-based test may have been below the detectable limit.
The LAMP-based test results were highly correlated with the real-time PCR results. In addition, the LAMP-based test reagent is very reliable and requires no specialized instrumentation, indicating that the test can easily be performed in ordinary hospital settings and contribute to early diagnosis of pertussis, which is still difficult to diagnose in the early stage.

Key words: loop-mediated isothermal amplification, LAMP, Bordetella pertussis, pertussis, diagnosis

診療と新薬 2015;52(12):1133-1140

LoopampⓇ百日咳菌検出試薬キットDの臨床的評価

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1133-1140

Clinical Evaluation of the LoopampⓇ (Loop-mediated Isothermal Amplification) Bordetella Pertussis Detection Kit D

PDF

PDF:459 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2015;52(12):1141-1147

当院におけるSGLT2阻害薬ルセオグリフロジン(ルセフィⓇ錠)の高齢者を含めた6カ月間の使用成績

藤通り大和田内科クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1141-1147

診療と新薬 2015;52(12):1141-1147

当院におけるSGLT2阻害薬ルセオグリフロジン(ルセフィⓇ錠)の高齢者を含めた6カ月間の使用成績

藤通り大和田内科クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1141-1147

今回,SGLT2阻害薬ルセオグリフロジン(ルセフィⓇ錠)を,血糖コントロールが不十分であった高齢者を含む2型糖尿病患者43名(60.0±11.7歳;平均±標準偏差)に6カ月間投与し,その有効性と安全性について検討を行った。ルセオグリフロジンは投与開始後1カ月間で有意にHbA1cを改善,BMIを減少させ,この効果は6カ月後まで維持されていた。また,内臓脂肪の減少により,脂肪肝,脂質系への良い影響が期待できることが示唆された。ヘマトクリット値が有意に上昇し,これはルセオグリフロジンの利尿による影響である可能性が考えられたが,その上昇は2%程度にとどまった。血中クレアチニン値に変化は認められなかった。対象を「65歳未満」(非高齢者群;49.5±8.3歳)と「65歳以上」(高齢者群;69.2±3.9歳)に分け検討したところ,高齢者群でも非高齢者群と同様の有効性が示され,かつ安全性に問題は認められなかった。ルセオグリフロジンはその代謝・排泄における特性から,高い安全性を有することが推測されており,今回の高齢者を含む検討もそれを支持する結果であった。ルセオグリフロジンは,使用症例を十分に検討し,飲水等の指導を行うことで,高齢者であっても有効かつ安全に投与できるSGLT2阻害薬であることが示唆された。

Keywords:SGLT2阻害薬,ルセオグリフロジン,薬物代謝・排泄,高齢者,フレイル,サルコペニア肥満

診療と新薬 2015;52(12):1141-1147

当院におけるSGLT2阻害薬ルセオグリフロジン(ルセフィⓇ錠)の高齢者を含めた6カ月間の使用成績

PDF

PDF:455 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2015;52(12):1149-1152

インスリンを含む多剤併用療法にリラグルチドを積極的に導入し,血糖管理の改善とインスリンの大幅な減量,離脱に成功した2型糖尿病症例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1149-1152

3 Cases of Type 2 Diabetes Glycemic Control Has Improved by Add-on Liraglutide with Much Decrease the Frequency and Dose of Insulin Therapy or Withdrawal

Department of Diabetology, Saijo Central Hospital

診療と新薬 2015;52(12):1149-1152

インスリンを含む多剤併用療法にリラグルチドを積極的に導入し,血糖管理の改善とインスリンの大幅な減量,離脱に成功した2型糖尿病症例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1149-1152

3 Cases of Type 2 Diabetes Glycemic Control Has Improved by Add-on Liraglutide with Much Decrease the Frequency and Dose of Insulin Therapy or Withdrawal

Department of Diabetology, Saijo Central Hospital

They prescribed DPP-4 inhibitors to many cases in type 2 diabetes, but GLP-1 agent (Liragulutide) is poor used. We add on GLP-1 agent in about 150 cases of type 2 diabetes, we present 3 cases in clinical course. After add on GLP-1 agent, the frequency and dose of insulin reduced much, or did not need insulin therapy. Any cases were improved glycemic control and weight loss. We have experienced about 70% of Liragulutide add-on cases of similar facilities in our hospital. We suggest GLP-1 agent, Liragulutide, is much effective and better glycemic control add-on any type 2 diabetes therapy.

Key word: Liraglutide, multiple combination therapy with insulin, T2DM

診療と新薬 2015;52(12):1149-1152

インスリンを含む多剤併用療法にリラグルチドを積極的に導入し,血糖管理の改善とインスリンの大幅な減量,離脱に成功した2型糖尿病症例

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1149-1152

3 Cases of Type 2 Diabetes Glycemic Control Has Improved by Add-on Liraglutide with Much Decrease the Frequency and Dose of Insulin Therapy or Withdrawal

PDF

PDF:392 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2015;52(12):1153-1168

施設等における感染予防対策マニュアル ■ ノロウイルス感染症に対する感染予防対策マニュアル

1)茨城県守谷市保健センター 母子・予防グループ,2)伊勢崎市民病院 薬剤部,3)医療法人社団洛和会 洛和会音羽病院 感染防止対策室,4)成田赤十字病院 臨床検査科,5)株式会社長谷川綿行 統括本部 メディカル営業部,6)介護付有料老人ホーム ポポロの杜豊岡,7)医療法人清仁会 シミズ病院 薬剤科,8)兵庫県立こども病院 小児感染症科,9)医療法人社団大同会 ニュー琴海病院 検査室,10)日本赤十字社 長崎原爆病院 感染制御室,11)独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター 消化器科,12)社会医療法人頌徳会日野クリニック 皮膚科・アレルギー科,13)大阪医科大学三島南病院 感染対策室,14)京都府立医科大学付属病院 臨床検査部・感染対策部,15)医療法人育和会 育和会記念病院 医療安全管理室,16)長崎みなとメディカルセンター 市民病院 呼吸器内科,17)独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 免疫感染症科,18)ICHG研究会,19)医療法人沖縄徳洲会静岡徳洲会病院 看護部,20)ICHG研究会,21)ICHG研究会,22)独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター 看護部,23)社会医療法人抱生会 丸の内病院 医療安全管理部感染対策課,24)帝京科学大学 医療科学部 看護学科,25)JA 神奈川県厚生連 相模原協同病院 医療安全対策室,26)名古屋大学医学部附属病院 看護部,27)京都府立医科大学付属病院 臨床検査部・感染対策部,28)東京海上日動ファシリティーズ株式会社 FM 教育・技術センター,29)広島県健康福祉局保健医療部健康対策課感染症グループ,30)独立行政法人国立病院機構 富山病院 診療部・小児科,31)医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院 特定健診科,32)長崎みなとメディカルセンター 市民病院 看護部,33)兵庫県立大学看護学部実践基礎看護講座 看護病態学,34)国立病院機構 別府医療センター 臨床研究部,35)医療法人沖縄徳洲会 静岡徳洲会病院 内科,36)有限会社 由良薬局,37)ICHG研究会,38)ICHG研究会/京都府立医科大学客員講師

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2015;52(12):1153-1168

診療と新薬 2015;52(12):1153-1168

施設等における感染予防対策マニュアル ■ ノロウイルス感染症に対する感染予防対策マニュアル

PDF

PDF:710 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.