診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
検索結果 8件
  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1025-1033

レボフロキサシン錠500 mg「杏林」及びレボフロキサシン錠250 mg「杏林」の生物学的同等性試験

1)医療法人社団成守会 成守会クリニック,2)南砺市民病院 内科,3)キョーリンリメディオ株式会社 製剤開発センター

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1025-1033

診療と新薬 2014;51(11):1025-1033

レボフロキサシン錠500 mg「杏林」及びレボフロキサシン錠250 mg「杏林」の生物学的同等性試験

PDF

PDF:524 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1035-1047

利尿薬を再考する─高齢者心不全におけるトラセミド(ルプラックⓇ)の意義─

東京都健康長寿医療センター循環器内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1035-1047

診療と新薬 2014;51(11):1035-1047

利尿薬を再考する─高齢者心不全におけるトラセミド(ルプラックⓇ)の意義─

東京都健康長寿医療センター循環器内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1035-1047

当院,東京都健康長寿医療センターでの高齢者心不全治療・管理の現状から,高齢者心不全患者の背景と治療について,トラセミド(ルプラックⓇ)に着目し解析を行った。高齢者の心不全の予後を規定するものとしてWRF(worsening renal failure)は大きなものであるが,高齢者の心不全が様々な合併症(comorbidity)と不可分の病態であることを考えると,腎臓に悪影響を及ぼさない利尿薬を,可能な限り早期から用いることが望まれる。そうした観点からは,トラセミドはCKDをはじめとする多くのcomorbidityを有する高齢者の心不全治療において,基礎薬になりうると考えられる。

key words:トラセミド(ルプラックⓇ),高齢者,心不全,co-morbidity,WRF(worsening renal failure)

診療と新薬 2014;51(11):1035-1047

利尿薬を再考する─高齢者心不全におけるトラセミド(ルプラックⓇ)の意義─

PDF

PDF:582 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1048-1052

抗真菌薬アモロルフィンに見いだされたコリネバクテリウム増殖抑制効果

明治薬科大学 微生物学教室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1048-1052

診療と新薬 2014;51(11):1048-1052

抗真菌薬アモロルフィンに見いだされたコリネバクテリウム増殖抑制効果

明治薬科大学 微生物学教室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1048-1052

グラム陽性桿菌コリネバクテリウムは,主に腋窩や足底部に存在する皮膚常在細菌である。本菌は,汗や皮脂を前駆体として不快な臭い成分である揮発性脂肪酸やチオアルコール系の化合物を生成する。モルホリン系アモロルフィンは白癬菌に高い感受性を示す抗真菌薬であるが,本薬はin vitroでコリネバクテリウムの増殖を阻害した。その作用は濃度依存的であるが,特に本薬暴露初期(培養7時間後)に高い増殖抑制効果を有することが示された。抗コリネバクテリウム作用の機序は不明であるが,アモロルフィンは抗真菌作用以外にもユニークな作用を有する化合物であることが示された。

Key words:アモロルフィン,コリネバクテリウム,抗真菌薬,臭気

診療と新薬 2014;51(11):1048-1052

抗真菌薬アモロルフィンに見いだされたコリネバクテリウム増殖抑制効果

PDF

PDF:432 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1053-1059

リンパ浮腫の複合的理学療法の有効性に関する国内11施設の前向きベースライン試験

リンパ浮腫多施設研究グループ;,1)青森県立中央病院,2)医療法人リムズ徳島クリニック,3)学校法人後藤学園附属リンパ浮腫研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1053-1059

Effectiveness of Complex Physical Therapy (Cpt) of Lymphedema in a Prospective Baseline-Controlled Study in Eleven Domestic Facilities

Lymphedema Multicenter Study Group;,1)Aomori Prefectural Central Hospital,2)Limbs Tokushima Clinic,3)Goto College Lymphedema Institute

診療と新薬 2014;51(11):1053-1059

リンパ浮腫の複合的理学療法の有効性に関する国内11施設の前向きベースライン試験

リンパ浮腫多施設研究グループ;,1)青森県立中央病院,2)医療法人リムズ徳島クリニック,3)学校法人後藤学園附属リンパ浮腫研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1053-1059

Effectiveness of Complex Physical Therapy (Cpt) of Lymphedema in a Prospective Baseline-Controlled Study in Eleven Domestic Facilities

Lymphedema Multicenter Study Group;,1)Aomori Prefectural Central Hospital,2)Limbs Tokushima Clinic,3)Goto College Lymphedema Institute

【目的】国内多施設研究において,リンパ浮腫の複合的理学療法(Complex Physical Therapy:CPT)の有効性を確認する。
【方法】11施設のリンパ浮腫外来において,悪性腫瘍術後にリンパ浮腫治療を必要とする成人患者が登録された。実施計画書に基づきCPTを実施し,治療の有効性に関するデータ〔浮腫容積の計算に必要な身体計測値,生活の質(Quality of Life: QOL)質問票〕を記録した。
【結果】233例を解析した。集中排液期の患者では,浮腫容積の有意な減少がみられた。維持治療期の患者では,上下肢容積の有意な変化はみられなかった。SF-36健康調査(Medical Outcomes Study 36-Item Short-Form Health Survey: SF-36)および皮膚の状態についてのアンケート(Skindex 29)を用いたQOL評価では,治療による有意な改善が認められた。
【結論】CPTにより集中排液期では浮腫容積が有意に減少した。また,維持治療期においては,上下肢容積の維持が確認された。さらに,治療前と比較して,CPT後の患者のQOLが有意に改善されていることが示された。

診療と新薬 2014;51(11):1053-1059

リンパ浮腫の複合的理学療法の有効性に関する国内11施設の前向きベースライン試験

リンパ浮腫多施設研究グループ;,1)青森県立中央病院,2)医療法人リムズ徳島クリニック,3)学校法人後藤学園附属リンパ浮腫研究所

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1053-1059

Effectiveness of Complex Physical Therapy (Cpt) of Lymphedema in a Prospective Baseline-Controlled Study in Eleven Domestic Facilities

Lymphedema Multicenter Study Group;,1)Aomori Prefectural Central Hospital,2)Limbs Tokushima Clinic,3)Goto College Lymphedema Institute

Objective: In a domestic prospective multicenter study, the effectiveness of complex physical therapy (CPT) of lymphedema was evaluated.
Materials and Methods: Adult outpatients who required lymphedema therapy after cancer surgery were registered in eleven lymphedema outpatient facilities. CPT was conducted according to the study protocol, and data (body measurements to calculate the edema volume, quality of life (QOL) questionnaire) on the effectiveness of the therapy were recorded.
Results: Two hundred and thirty-three cases were analyzed. Significant decrease in edema volume was achieved in the intensive decongestion phase. No significant change in limb volume was seen in the maintenance phase. The significant improvement of QOL over the course of treatment was observed in the QOL assessment using the health survey SF-36 (Medical Outcomes Study 36-Item Short-Form Health Survey: SF-36) and the questionnaire regarding skin condition (Skindex 29).
Conclusion: CPT's effectiveness in decreasing edema volume in the intensive decongestion phase was shown, and the maintenance of limb volume was confirmed in the maintenance phase. Moreover, it was shown that QOL was improved after CPT as compared to pretreatment scores.

Key words: lymphedema, complex physical therapy, multicenter study, edema volume, quality-of-life assessment

診療と新薬 2014;51(11):1053-1059

リンパ浮腫の複合的理学療法の有効性に関する国内11施設の前向きベースライン試験

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1053-1059

Effectiveness of Complex Physical Therapy (Cpt) of Lymphedema in a Prospective Baseline-Controlled Study in Eleven Domestic Facilities

PDF

PDF:297 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1060-1065

海洋深層水を含んだ化粧品による肌の改善効果

1)日本臨床試験協会(JACTA),2)福岡三井中央クリニック,3)ドクターリセラ株式会社

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1060-1065

診療と新薬 2014;51(11):1060-1065

海洋深層水を含んだ化粧品による肌の改善効果

PDF

PDF:402 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1066-1071

酵素液配合ドリンクの痩身効果

1)日本臨床試験協会(JACTA),2)福岡三井中央クリニック,3)株式会社GypsophilA

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1066-1071

診療と新薬 2014;51(11):1066-1071

酵素液配合ドリンクの痩身効果

PDF

PDF:420 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
    (English)
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1072-1074

スタチンからエゼチミブに変更し,体重減少と血糖管理の改善を認めた2型糖尿病の1例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1072-1074

A Case of Type 2 Diabetes Showed Improvement in Glycemic Control and Weight Loss, by the Administration of Ezetimibe

Division of Diabetology, Saijo Central Hospital

診療と新薬 2014;51(11):1072-1074

スタチンからエゼチミブに変更し,体重減少と血糖管理の改善を認めた2型糖尿病の1例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1072-1074

A Case of Type 2 Diabetes Showed Improvement in Glycemic Control and Weight Loss, by the Administration of Ezetimibe

Division of Diabetology, Saijo Central Hospital

糖尿病薬にて加療中の脂質代謝異常を合併した2型糖尿病患者に対し,脂質代謝改善薬をスタチン製剤からエゼチミブに切り替えたことで,良好な血糖と体重コントロールが得られた症例を経験したので報告する。すでに当院では同様のエゼチミブが奏効した症例を数多く経験しており,より積極的にエゼチミブの投与を進めている。

キーワード:エゼチミブ,コレステロールトランスポーター阻害剤,体重減少,2型糖尿病

診療と新薬 2014;51(11):1072-1074

スタチンからエゼチミブに変更し,体重減少と血糖管理の改善を認めた2型糖尿病の1例

西条中央病院 糖尿病内科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1072-1074

A Case of Type 2 Diabetes Showed Improvement in Glycemic Control and Weight Loss, by the Administration of Ezetimibe

Division of Diabetology, Saijo Central Hospital

For a patient with type 2 diabetes complicated with dyslipidemia, we switched to ezetimibe from statins for lipid metabolism improving agent. As a result, a good control of blood glucose levels and body weight were obtained. In our hospital, as well as this case, it has experienced a number of cases of ezetimibe has already responded. We are advancing the administration of ezetimibe more aggressively.

Key words: ezetimibe, cholesterol transporter inhibitor, weight loss, type 2 diabetes mellitus

診療と新薬 2014;51(11):1072-1074

スタチンからエゼチミブに変更し,体重減少と血糖管理の改善を認めた2型糖尿病の1例

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1072-1074

A Case of Type 2 Diabetes Showed Improvement in Glycemic Control and Weight Loss, by the Administration of Ezetimibe

PDF

PDF:343 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • PDF

診療と新薬 2014;51(11):1075-1085

エボラ出血熱の感染予防対策

1)特定医療法人沖縄徳洲会 静岡徳洲会病院 内科,2)伊勢崎市民病院 薬剤部,3)成田赤十字病院 臨床検査科,4)日本赤十字社 長崎原爆病院 感染制御室,5)医療法人育和会 育和会記念病院 医療安全管理室,6)ICHG研究会,7)京都府立医科大学付属病院 臨床検査部・感染対策部,8)医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院 特定健診科,9)国立病院機構 富山病院 小児科,10)和歌山県立医科大学 保健看護学部

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2014;51(11):1075-1085

診療と新薬 2014;51(11):1075-1085

エボラ出血熱の感染予防対策

PDF

PDF:943 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.