診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2020;57(2):74-79

β-アミロイド投与マウスの認知機能障害に対するメマンチン塩酸塩OD錠「明治」の薬効確認試験

1)Meiji Seikaファルマ株式会社,2)株式会社日本バイオリサーチセンター

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2020;57(2):74-79

診療と新薬 2020;57(2):74-79

β-アミロイド投与マウスの認知機能障害に対するメマンチン塩酸塩OD錠「明治」の薬効確認試験

1)Meiji Seikaファルマ株式会社,2)株式会社日本バイオリサーチセンター

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2020;57(2):74-79

メマンチン塩酸塩OD錠「明治」(以下,試験製剤と略す)は,メマリーⓇOD錠(以下,標準製剤と略す)の有効成分を同量含有する同一剤型の後発医薬品であり,Meiji Seikaファルマ株式会社が製造販売承認を取得した錠剤である。今回,β-アミロイドのコアフラグメント(Aβ(25-35))が誘発するマウスの認知機能障害に対する試験製剤の効果についてY迷路試験と受動回避試験により検討した。標準製剤を陽性対照とした。
Aβ(25-35)の脳室内投与により,Y迷路試験で自発的交替行動率は有意な減少を示し,また受動回避試験において保持潜時が有意に短縮したことから,Aβ(25-35)投与により認知機能障害が誘発されたことが確認できた。試験製剤及び標準製剤それぞれ2.5及び5mg/kgの1日1回,11日間反復経口投与は,用量依存的にAβ(25-35)が誘発する認知機能障害を改善し,両製剤ともに5 mg/kgで有意に改善した。
以上のように,試験製剤は標準製剤と同様にAβ(25-35)が誘発するマウスの認知機能障害を改善した。

キーワード:メマンチン塩酸塩,グルタミン酸,Aβ(25-35)誘発認知機能障害モデル,Y迷路試験,受動回避試験,後発医薬品

診療と新薬 2020;57(2):74-79

β-アミロイド投与マウスの認知機能障害に対するメマンチン塩酸塩OD錠「明治」の薬効確認試験

PDF

PDF:232 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(12):881-891

当院における2008年から2018年までのインスリン療法2型糖尿病患者プロファイルの年次変化に関する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):881-891

Annual Changes in the Profile of Type 2 Diabetic Patients with Insulin Therapy from 2008 to 2018

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(12):881-891

当院における2008年から2018年までのインスリン療法2型糖尿病患者プロファイルの年次変化に関する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):881-891

Annual Changes in the Profile of Type 2 Diabetic Patients with Insulin Therapy from 2008 to 2018

Naka Kinen Clinic

背景:近年,インスリン療法中の高齢糖尿病患者の過剰な血糖管理が問題視されている。そこで,本研究では当院の日常診療下における2型糖尿病患者の長期間のデータを後方視的にまとめ,特にインスリン療法の患者プロファイルを年次変化として評価した。
方法:2008年1月~2018年12月までに当院を受診し,2型糖尿病と診断された各年平均3,951人の患者について,インスリン療法有無での年齢,HbA1cおよびBody mass index(BMI)ならびにインスリン療法患者の1日総インスリン量,低血糖発生率および発生回数をそれぞれ年次毎にまとめ,さらに年齢,HbA1c,BMIはそれぞれ階層別の年次推移も解析した。
結果:インスリン療法2型糖尿病患者において,全体の患者数は2012年から2018年にわたり減少したが,75歳以上の患者数およびその割合は経年的に増加し,2018年では4割弱に達した。また,65~75歳の割合は約3割で横ばいに推移したが,2018年の65歳以上の割合は約7割となった。インスリン療法患者のHbA1c年次推移は2013年から顕著な上昇(HbA1c,2013年:7.40%,2018年:8.03%)が観察され,その階層別年次推移ではHbA1c 7%未満の患者割合が2013年から徐々に減少した(HbA1c 7%未満の割合,2013年:41.9%,2018年:14.8%)。インスリン療法患者のBMIはインスリン非投与患者よりも低値を示したが,その階層別年次推移はほとんど変化しなかった。インスリン療法患者の1日総インスリン量は2012年から徐々に減少し,年間の低血糖発生率も同様の年次推移を示したが,低血糖発生患者の発生回数は横ばいに推移した。
結論:インスリン療法2型糖尿病患者の長期観察において,体重増加はみられず,低血糖の発症は減少した。この傾向は近年上市した糖尿病治療薬によるインスリン導入の適正化や新規持効型インスリンの登場も含めたインスリン療法の適正化により,体重に影響を及ぼさずに低血糖リスクを低下させることができたものと考えられる。

Key words:2型糖尿病,年次変化,インスリン,HbA1c,BMI,低血糖

診療と新薬 2019;56(12):881-891

当院における2008年から2018年までのインスリン療法2型糖尿病患者プロファイルの年次変化に関する検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):881-891

Annual Changes in the Profile of Type 2 Diabetic Patients with Insulin Therapy from 2008 to 2018

PDF

PDF:306 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(12):893-898

皮膚症状を有する患児家族に対する薬局での保湿指導によるアドヒアランス向上についての検討:アレルギーマーチの進行抑制を目指して

1)株式会社日本医薬総合研究所,2)日本調剤株式会社教育情報部,3)日本調剤西船橋薬局

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):893-898

Investigation about Improvement of Adherence by Moisturizing Guidance in Pharmacy for Families of Children with Skin Symptoms: Aiming to Suppress the Progression of Allergic March

1)Japan Medical Research Institute Co,. Ltd,2)Educational Training & Medical Information Department, Nihon Chouzai Co.,Ltd. ,3)Nihon Chouzai Nishi-Funabashi Pharmacy

診療と新薬 2019;56(12):893-898

皮膚症状を有する患児家族に対する薬局での保湿指導によるアドヒアランス向上についての検討:アレルギーマーチの進行抑制を目指して

1)株式会社日本医薬総合研究所,2)日本調剤株式会社教育情報部,3)日本調剤西船橋薬局

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):893-898

Investigation about Improvement of Adherence by Moisturizing Guidance in Pharmacy for Families of Children with Skin Symptoms: Aiming to Suppress the Progression of Allergic March

1)Japan Medical Research Institute Co,. Ltd,2)Educational Training & Medical Information Department, Nihon Chouzai Co.,Ltd. ,3)Nihon Chouzai Nishi-Funabashi Pharmacy

乳児期のアトピー等を出発点とするアレルギーマーチに対しては,早期から十分な保湿スキンケアを行うことで皮膚バリア機能を改善し,維持することが重要である。今回,薬局において薬剤師が保湿剤の使用方法を患児家族に説明する際に,フィンガーチップユニット(FTU)を用いるなどにより適切な保湿指導の介入を行ったうえで,家庭での保湿の実施状況と皮膚症状について調査した。その結果,対象10例中5例で十分な保湿が実施されており(平均年齢28カ月),皮膚症状スコアも有意に改善していたが,保湿が不足した5例(平均年齢19カ月)では有意な変化は認められなかった。保湿剤の使用状況について,患児60例の保護者から得られたアンケート調査の結果では,保湿剤を「全身/ほぼ全身」に使用するのは48例(80%)で,12例(20%)では症状が出やすい部位に限定し塗布されていた。また,「毎日」あるいは「ほぼ毎日」保湿剤の塗布を行っている53例中,十分な保湿(べたべたになるくらい厚く塗る)が実施されている例は6例(11%)にとどまった。薬局において薬剤師が保湿剤の使用方法について適切に指導することで,半数で十分な保湿が実施され,アドヒアランスの向上と皮膚症状の改善につながった。アンケート結果では9割の例で十分な保湿がなされていないことから,薬局薬剤師のFTUの活用などによる適切な保湿指導は重要と考える。

キーワード:アレルギーマーチ,フィンガーチップユニット(FTU),保湿指導,保湿剤

診療と新薬 2019;56(12):893-898

皮膚症状を有する患児家族に対する薬局での保湿指導によるアドヒアランス向上についての検討:アレルギーマーチの進行抑制を目指して

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):893-898

Investigation about Improvement of Adherence by Moisturizing Guidance in Pharmacy for Families of Children with Skin Symptoms: Aiming to Suppress the Progression of Allergic March

PDF

PDF:235 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(12):899-906

ザクロ由来エラグ酸,フラバンジェノール配合の健康食品摂取による紫外線防止効果

1)一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック,3)株式会社ビタブリッドジャパン

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):899-906

Ultraviolet Ray Prevention Effect by Intake of Health Food Containing Pomegranate Origin Ellagic Acid, Flavangenol

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Nihonbashi M's Clinic,3)Vitabrid Japan Inc.

診療と新薬 2019;56(12):899-906

ザクロ由来エラグ酸,フラバンジェノール配合の健康食品摂取による紫外線防止効果

1)一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック,3)株式会社ビタブリッドジャパン

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):899-906

Ultraviolet Ray Prevention Effect by Intake of Health Food Containing Pomegranate Origin Ellagic Acid, Flavangenol

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Nihonbashi M's Clinic,3)Vitabrid Japan Inc.

目的:ザクロ由来エラグ酸とフラバンジェノールを含有する栄養機能食品「ホワイトポリフェノールC」の紫外線防止効果を確認するため,非摂取群を対照とした無作為化並行群間比較試験を行った。
方法:40歳以上59歳以下で日焼けを気にしている女性に,試験品を1日3粒ずつ,12週間継続して摂取させ,肌の状態を評価した。さらに被験者自身の主観評価を実施した。
結果:20人を2群に割り付け(摂取群10人,非摂取群10人)試験を開始した。19人が12週後まで完遂し,19人を解析対象とした。肌状態を評価した結果,隠れジミ・肌の明度・角層細胞面積において,摂取群は非摂取群と比べて有意に改善した。被験者の自覚においても,うるおい・化粧のり・洗顔後のつっぱり感,明るさなどが改善し,肌状態が改善した実感が得られた。12週間の試験期間中に有害事象は発生せず,試験品の安全性が確認された。
結論:ホワイトポリフェノールCを継続摂取すると,紫外線の影響を軽減し,肌を明るくし,隠れジミを減らし,肌状態を好転させることが期待できる。

Key words:ホワイトポリフェノールC(White Polyphenol C),エラグ酸(ellagic acid),フラバンジェノール(flavangenol),紫外線シミ(hidden spots),肌改善(skin improvement)

診療と新薬 2019;56(12):899-906

ザクロ由来エラグ酸,フラバンジェノール配合の健康食品摂取による紫外線防止効果

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):899-906

Ultraviolet Ray Prevention Effect by Intake of Health Food Containing Pomegranate Origin Ellagic Acid, Flavangenol

PDF

PDF:271 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(12):907-916

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):907-916

Effects of Isomaltodextrin Intake on the Skin Condition and QOL of Healthy Subjects: A Randomized, Double-blind, Parallel-group, Placebo-controlled Study with Intake for 8 Consecutive Weeks

1)R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.,2)Medical Corporation Bokushinkai CLINTEXE Clinic

診療と新薬 2019;56(12):907-916

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):907-916

Effects of Isomaltodextrin Intake on the Skin Condition and QOL of Healthy Subjects: A Randomized, Double-blind, Parallel-group, Placebo-controlled Study with Intake for 8 Consecutive Weeks

1)R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.,2)Medical Corporation Bokushinkai CLINTEXE Clinic

Effects of the intake of isomaltodextrin (IMD), a water-soluble dietary fiber, on the skin condition and quality of life (QOL) of healthy adults were studied in a randomized, double-blind, parallel-group, placebo-controlled study. Forty healthy men and women with awareness of dry skin symptoms and a tendency toward constipation were administered IMD or placebo for 8 weeks, and 39 completed the study. The results showed that continuous intake of IMD had an improvement in skin condition with evaluation by a dermatologist in all subjects. Of these, in 15 of the 39 subjects who had dry skin probably caused by a disorder of intestinal environment, a significantly higher moisture content of the skin on the dorsal foot 8 weeks after intake of IMD versus placebo. Furthermore, the serum phenol concentration, an indicator of the composition of the intestinal environment, was significantly lower 8 weeks after intake, and the frequency of defecation and number of days of defecation, indicators of bowel movement, were significantly higher 4 to 8 weeks after intake compared with placebo. The above results suggest that IMD intake may be an effective way to moisturize the skin and promote QOL by improving the composition of the intestinal environment. The reason for this may be that continuous intake of IMD contributed to the continuous production of short-chain fatty acids in the intestine. IMD shows promise as an effective material for forming an intestinal environment that suppresses the production of phenols by intestinal bacteria.

Key words: isomaltodextrin, skin moisturization, skin condition, phenol, prebiotics, human study, QOL

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(12):907-916

Effects of Isomaltodextrin Intake on the Skin Condition and QOL of Healthy Subjects: A Randomized, Double-blind, Parallel-group, Placebo-controlled Study with Intake for 8 Consecutive Weeks

PDF

PDF:98 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):809-820

当院における2008年から2018年までの糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化に関する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):809-820

Secular Changes in the Diabetic Patient Profile and the Prevalence of Diabetic Kidney Disease from 2008 to 2018

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(11):809-820

当院における2008年から2018年までの糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化に関する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):809-820

Secular Changes in the Diabetic Patient Profile and the Prevalence of Diabetic Kidney Disease from 2008 to 2018

Naka Kinen Clinic

背景:本研究では当院の日常診療下における糖尿病患者の10年以上の長期間でのデータをまとめ,糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化を後方視的に検討した。
方法:2008年1月~2018年12月までに当院を受診し,1型もしくは2型糖尿病と診断された患者のHbA1c,Body mass index(BMI)を月次および年次毎にまとめ,季節変動および年次推移を検討した。また,2008年,2012年,2017年の患者の推算糸球体濾過量(eGFR)および尿アルブミン/尿クレアチニン比(UACR)を慢性腎臓病の重症度分類を基に層別して糖尿病性腎臓病(DKD)の有病率を算出するとともに,経年変化を検討した。
結果:各年平均4,136人の糖尿病患者において,HbA1cの年次推移は2008年から低下方向にあったが,2013年前後を境に上昇方向に転じた推移が,BMIの年次推移は2008年から一定した上昇方向の推移がそれぞれ観察された。2008年~2018年の11年間の平均月次推移において,HbA1cでは冬春(3月頃)で高く,夏秋(9月頃)で低い,季節変動が観察され,変動幅は小さいがBMIもほぼ同様の季節変動がみられた。DKD有病率の経年変化において,UACRは全体の平均値あるいは蛋白尿区分による微量および顕性アルブミン尿の有病率にほとんど変化がみられなかったが,eGFRは全体の平均値で有意な低下が認められ,GFR区分による腎機能低下の有病率が増加した。特に,正常アルブミン尿で腎機能低下の有病率が経年的に増加した。
結論:糖尿病患者の10年以上の観察において,HbA1cおよびBMIは近年,上昇方向の年次推移を,腎機能低下の有病率は経年的な増加を示した。今後,DKD患者の腎転帰をさらに改善するためには,現在の治療ストラテジーを見直す必要があると示唆された。

Key words:糖尿病性腎臓病,経年変化,季節変動,HbA1c,BMI,eGFR,UACR

診療と新薬 2019;56(11):809-820

当院における2008年から2018年までの糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化に関する検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):809-820

Secular Changes in the Diabetic Patient Profile and the Prevalence of Diabetic Kidney Disease from 2008 to 2018

PDF

PDF:302 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):821-825

β3受容体作動薬ベオーバⓇの早期の臨床効果の検討

中村病院泌尿器科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):821-825

The Effects of 2 Weeks Short-Term Administration of Vibegron(BeovaⓇ)on OAB Patients

Department of Urology, Beppu Nakamura Hospital

診療と新薬 2019;56(11):821-825

β3受容体作動薬ベオーバⓇの早期の臨床効果の検討

中村病院泌尿器科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):821-825

The Effects of 2 Weeks Short-Term Administration of Vibegron(BeovaⓇ)on OAB Patients

Department of Urology, Beppu Nakamura Hospital

The effects of 2 weeks short-term administration of Vibegron(Beova®), a novel beta 3 agonist, were investigated in 43 Japanese patients with overactive bladder(OAB). After Vibegron administration, OAB symptom score(OABSS), international prostate symptom score(IPSS)and IPSS-QOL score showed significant improvements in Vibegron alone subgroup, antimuscarinics combination subgroup and all patients. In addition, 82.6% of OAB-Wet patients were completely cured and nocturia was significantly improved. From these results, it is suggested that Vibegron shows early therapeutic effects in clinical practice.

Key Words: Over Active Bladder(OAB), Vibegron

診療と新薬 2019;56(11):821-825

β3受容体作動薬ベオーバⓇの早期の臨床効果の検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):821-825

The Effects of 2 Weeks Short-Term Administration of Vibegron(BeovaⓇ)on OAB Patients

PDF

PDF:176 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

株式会社林原 研究部門

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

株式会社林原 研究部門

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.

目的:鉄欠乏性貧血からの回復期におけるマクロファージの分極化とその役割を検証することを目的とした。マクロファージの分極化と役割について鉄欠乏性貧血モデルマウスを用いて検討し,併せて細網内皮系マクロファージを活性化するNK-4の影響を比較解析した。
方法:4週齢の雌性BALB/cマウスに8週間鉄欠乏飼料(LID)を与え,鉄欠乏性貧血の特徴である小球性低色素性赤血球の出現を確認した。次いで全群の飼料を通常飼料(ND)に戻し,貧血からの回復を促した。NDへの切替えと同時に細網内皮系マクロファージを活性化するNK-4(100,500μg/kg/day)の経口投与を開始し,2週間継続した。血液学的検査,病理組織学的検査およびフローサイトメトリー法による脾臓中のマクロファージ解析を行った。
結果:NDへの切替えにより,LID群‐対照群のヘモグロビン値は徐々に増加したが,2週間では完全には回復しなかった。このときNK-4(500μg/kg/day)の経口投与により,ヘモグロビン値は増加し,ND群と同等まで回復した。貧血回復期に,脾臓マクロファージ(F4/80+)に占める赤脾髄マクロファージ(F4/80 hi,VCAM1+,CD11b lo)および抗炎症型マクロファージ(M2;F4/80+,CD206+)様細胞は増加し,さらにNK-4投与によりM2の増加は顕著に亢進した。
結論:鉄欠乏性貧血の回復期に,脾臓M2の増加がヘモグロビン値の回復に寄与することを明らかにした。NK-4はマクロファージの分極化を亢進して貧血回復を促進した。

キーワード:鉄欠乏性貧血,マクロファージ,M2,ヘモグロビン,NK-4

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

株式会社林原 研究部門

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.

Objectives: The purpose of this study was to evaluate the polarization and the roles of macrophages during the recovery phase of iron deficiency anemia in mice. In addition, the effect of NK-4, which is known to activate reticuloendothelial macrophages, was examined on the recovery from iron deficiency anemia.
Methods: Four-week-old female BALB/c mice were given low iron diet(LID) for 8 weeks to induce the appearance of microcytic hypochromic erythrocytes, which is a feature of low iron deficiency anemia. Then, they were given normal diet(ND) for two weeks to recover from anemia. Some mice were orally administered NK-4 (100 or 500μg/kg/day) during the recovery phase. After 10 weeks, they were hematologically and histopathologically examined. The population of splenic macrophages were analyzed by flow cytometry.
Results: The hemoglobin levels in the LID(control)group were gradually increased after switching to ND, but they did not reach the levels of ND group of mice in two weeks. Administration of NK-4(500μg/kg/day)promoted the increase in the hemoglobin levels, and finally the levels were recovered to comparable levels of the ND group of mice. Both the ratios of red pulp macrophages (F4/80 hi, VCAM1+, CD11b lo) and alternatively activated macrophages(M2; F4/80+, CD206+)to the total splenic macrophages (F4/80+) were increased in every group of mice during the anemia recovery phase. Especially, the increase in the population of M2 macrophages was significantly promoted by NK-4 administration.
Conclusion: We found that the increase in the M2 macrophage population contributed to recovery from iron deficiency anemia. Furthermore, our study indicated that NK-4 promoted the recovery from anemia through increasing the M2 macrophage population.

Key Words: Iron deficiency anemia, Macrophage, M2, Hemoglobin, NK-4

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

PDF

PDF:446 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):836-842

アルガス-3(3種の海藻成分)を含有する育毛剤による頭皮と毛髪に対する効果

1)一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):836-842

Effect on Hair and Scalp by Hair Restorer Containing Algas-3(Three Kinds of Seaweed Ingredients)

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Nihonbashi M's Clinic

診療と新薬 2019;56(11):836-842

アルガス-3(3種の海藻成分)を含有する育毛剤による頭皮と毛髪に対する効果

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):836-842

Effect on Hair and Scalp by Hair Restorer Containing Algas-3(Three Kinds of Seaweed Ingredients)

PDF

PDF:263 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):843-856

感染予防対策のための基本的知識の理解■予防接種の考え方と医療従事者の免疫に関する最近の話題:「集団免疫」の理解を中心に

1)医療法人沖縄徳洲会静岡徳洲会病院 内科,2)ICHG研究会,3)成田赤十字病院検査部,4)兵庫県立こども病院 感染症内科,5)日本赤十字社長崎原爆病院 感染制御室,6)社会医療法人頌徳会日野クリニック,7)長浜バイオ大学フロンティアバイオサイエンス学科・臨床検査学コース,8)医療法人育和会育和会記念病院 医療安全管理室,9)ICHG研究会,10)京都府立医科大学 臨床検査部・感染対策部,11)国立病院機構富山病院小児科・院長,12)有限会社由良薬局,株式会社ポポロ,13)ICHG研究会

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):843-856

診療と新薬 2019;56(11):843-856

感染予防対策のための基本的知識の理解■予防接種の考え方と医療従事者の免疫に関する最近の話題:「集団免疫」の理解を中心に

PDF

PDF:1 MB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.