診療と新薬 Web|Medical Consultation & New Remedies Web
診療と新薬:
  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):809-820

当院における2008年から2018年までの糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化に関する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):809-820

Secular Changes in the Diabetic Patient Profile and the Prevalence of Diabetic Kidney Disease from 2008 to 2018

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(11):809-820

当院における2008年から2018年までの糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化に関する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):809-820

Secular Changes in the Diabetic Patient Profile and the Prevalence of Diabetic Kidney Disease from 2008 to 2018

Naka Kinen Clinic

背景:本研究では当院の日常診療下における糖尿病患者の10年以上の長期間でのデータをまとめ,糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化を後方視的に検討した。
方法:2008年1月~2018年12月までに当院を受診し,1型もしくは2型糖尿病と診断された患者のHbA1c,Body mass index(BMI)を月次および年次毎にまとめ,季節変動および年次推移を検討した。また,2008年,2012年,2017年の患者の推算糸球体濾過量(eGFR)および尿アルブミン/尿クレアチニン比(UACR)を慢性腎臓病の重症度分類を基に層別して糖尿病性腎臓病(DKD)の有病率を算出するとともに,経年変化を検討した。
結果:各年平均4,136人の糖尿病患者において,HbA1cの年次推移は2008年から低下方向にあったが,2013年前後を境に上昇方向に転じた推移が,BMIの年次推移は2008年から一定した上昇方向の推移がそれぞれ観察された。2008年~2018年の11年間の平均月次推移において,HbA1cでは冬春(3月頃)で高く,夏秋(9月頃)で低い,季節変動が観察され,変動幅は小さいがBMIもほぼ同様の季節変動がみられた。DKD有病率の経年変化において,UACRは全体の平均値あるいは蛋白尿区分による微量および顕性アルブミン尿の有病率にほとんど変化がみられなかったが,eGFRは全体の平均値で有意な低下が認められ,GFR区分による腎機能低下の有病率が増加した。特に,正常アルブミン尿で腎機能低下の有病率が経年的に増加した。
結論:糖尿病患者の10年以上の観察において,HbA1cおよびBMIは近年,上昇方向の年次推移を,腎機能低下の有病率は経年的な増加を示した。今後,DKD患者の腎転帰をさらに改善するためには,現在の治療ストラテジーを見直す必要があると示唆された。

Key words:糖尿病性腎臓病,経年変化,季節変動,HbA1c,BMI,eGFR,UACR

診療と新薬 2019;56(11):809-820

当院における2008年から2018年までの糖尿病患者プロファイルおよび糖尿病性腎臓病の有病率の経年変化に関する検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):809-820

Secular Changes in the Diabetic Patient Profile and the Prevalence of Diabetic Kidney Disease from 2008 to 2018

PDF

PDF:302 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):821-825

β3受容体作動薬ベオーバⓇの早期の臨床効果の検討

中村病院泌尿器科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):821-825

The Effects of 2 Weeks Short-Term Administration of Vibegron(BeovaⓇ)on OAB Patients

Department of Urology, Beppu Nakamura Hospital

診療と新薬 2019;56(11):821-825

β3受容体作動薬ベオーバⓇの早期の臨床効果の検討

中村病院泌尿器科

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):821-825

The Effects of 2 Weeks Short-Term Administration of Vibegron(BeovaⓇ)on OAB Patients

Department of Urology, Beppu Nakamura Hospital

The effects of 2 weeks short-term administration of Vibegron(Beova®), a novel beta 3 agonist, were investigated in 43 Japanese patients with overactive bladder(OAB). After Vibegron administration, OAB symptom score(OABSS), international prostate symptom score(IPSS)and IPSS-QOL score showed significant improvements in Vibegron alone subgroup, antimuscarinics combination subgroup and all patients. In addition, 82.6% of OAB-Wet patients were completely cured and nocturia was significantly improved. From these results, it is suggested that Vibegron shows early therapeutic effects in clinical practice.

Key Words: Over Active Bladder(OAB), Vibegron

診療と新薬 2019;56(11):821-825

β3受容体作動薬ベオーバⓇの早期の臨床効果の検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):821-825

The Effects of 2 Weeks Short-Term Administration of Vibegron(BeovaⓇ)on OAB Patients

PDF

PDF:176 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

株式会社林原 研究部門

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

株式会社林原 研究部門

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.

目的:鉄欠乏性貧血からの回復期におけるマクロファージの分極化とその役割を検証することを目的とした。マクロファージの分極化と役割について鉄欠乏性貧血モデルマウスを用いて検討し,併せて細網内皮系マクロファージを活性化するNK-4の影響を比較解析した。
方法:4週齢の雌性BALB/cマウスに8週間鉄欠乏飼料(LID)を与え,鉄欠乏性貧血の特徴である小球性低色素性赤血球の出現を確認した。次いで全群の飼料を通常飼料(ND)に戻し,貧血からの回復を促した。NDへの切替えと同時に細網内皮系マクロファージを活性化するNK-4(100,500μg/kg/day)の経口投与を開始し,2週間継続した。血液学的検査,病理組織学的検査およびフローサイトメトリー法による脾臓中のマクロファージ解析を行った。
結果:NDへの切替えにより,LID群‐対照群のヘモグロビン値は徐々に増加したが,2週間では完全には回復しなかった。このときNK-4(500μg/kg/day)の経口投与により,ヘモグロビン値は増加し,ND群と同等まで回復した。貧血回復期に,脾臓マクロファージ(F4/80+)に占める赤脾髄マクロファージ(F4/80 hi,VCAM1+,CD11b lo)および抗炎症型マクロファージ(M2;F4/80+,CD206+)様細胞は増加し,さらにNK-4投与によりM2の増加は顕著に亢進した。
結論:鉄欠乏性貧血の回復期に,脾臓M2の増加がヘモグロビン値の回復に寄与することを明らかにした。NK-4はマクロファージの分極化を亢進して貧血回復を促進した。

キーワード:鉄欠乏性貧血,マクロファージ,M2,ヘモグロビン,NK-4

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

株式会社林原 研究部門

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

R&D Division, Hayashibara Co., Ltd.

Objectives: The purpose of this study was to evaluate the polarization and the roles of macrophages during the recovery phase of iron deficiency anemia in mice. In addition, the effect of NK-4, which is known to activate reticuloendothelial macrophages, was examined on the recovery from iron deficiency anemia.
Methods: Four-week-old female BALB/c mice were given low iron diet(LID) for 8 weeks to induce the appearance of microcytic hypochromic erythrocytes, which is a feature of low iron deficiency anemia. Then, they were given normal diet(ND) for two weeks to recover from anemia. Some mice were orally administered NK-4 (100 or 500μg/kg/day) during the recovery phase. After 10 weeks, they were hematologically and histopathologically examined. The population of splenic macrophages were analyzed by flow cytometry.
Results: The hemoglobin levels in the LID(control)group were gradually increased after switching to ND, but they did not reach the levels of ND group of mice in two weeks. Administration of NK-4(500μg/kg/day)promoted the increase in the hemoglobin levels, and finally the levels were recovered to comparable levels of the ND group of mice. Both the ratios of red pulp macrophages (F4/80 hi, VCAM1+, CD11b lo) and alternatively activated macrophages(M2; F4/80+, CD206+)to the total splenic macrophages (F4/80+) were increased in every group of mice during the anemia recovery phase. Especially, the increase in the population of M2 macrophages was significantly promoted by NK-4 administration.
Conclusion: We found that the increase in the M2 macrophage population contributed to recovery from iron deficiency anemia. Furthermore, our study indicated that NK-4 promoted the recovery from anemia through increasing the M2 macrophage population.

Key Words: Iron deficiency anemia, Macrophage, M2, Hemoglobin, NK-4

診療と新薬 2019;56(11):826-835

鉄欠乏性貧血回復期におけるマウス脾臓マクロファージの分極化と役割

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):826-835

Polarization and Roles of Mouse Splenic Macrophages in the Recovery Phase of Iron Deficiency Anemia

PDF

PDF:446 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):836-842

アルガス-3(3種の海藻成分)を含有する育毛剤による頭皮と毛髪に対する効果

1)一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA),2)日本橋エムズクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):836-842

Effect on Hair and Scalp by Hair Restorer Containing Algas-3(Three Kinds of Seaweed Ingredients)

1)JACTA(Japan Clinical Trial Association),2)Nihonbashi M's Clinic

診療と新薬 2019;56(11):836-842

アルガス-3(3種の海藻成分)を含有する育毛剤による頭皮と毛髪に対する効果

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):836-842

Effect on Hair and Scalp by Hair Restorer Containing Algas-3(Three Kinds of Seaweed Ingredients)

PDF

PDF:263 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):843-856

感染予防対策のための基本的知識の理解■予防接種の考え方と医療従事者の免疫に関する最近の話題:「集団免疫」の理解を中心に

1)医療法人沖縄徳洲会静岡徳洲会病院 内科,2)ICHG研究会,3)成田赤十字病院検査部,4)兵庫県立こども病院 感染症内科,5)日本赤十字社長崎原爆病院 感染制御室,6)社会医療法人頌徳会日野クリニック,7)長浜バイオ大学フロンティアバイオサイエンス学科・臨床検査学コース,8)医療法人育和会育和会記念病院 医療安全管理室,9)ICHG研究会,10)京都府立医科大学 臨床検査部・感染対策部,11)国立病院機構富山病院小児科・院長,12)有限会社由良薬局,株式会社ポポロ,13)ICHG研究会

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):843-856

診療と新薬 2019;56(11):843-856

感染予防対策のための基本的知識の理解■予防接種の考え方と医療従事者の免疫に関する最近の話題:「集団免疫」の理解を中心に

PDF

PDF:1 MB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(11):857-860

DrugFlag■臨床の場でカンナビジオール(CBD)をいかに用いるか

銀座みやこクリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(11):857-860

診療と新薬 2019;56(11):857-860

DrugFlag■臨床の場でカンナビジオール(CBD)をいかに用いるか

PDF

PDF:3 MB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):721-727

アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人仁愛会 日立おおみか病院,2)沢井製薬株式会社 開発部,3)東京慈恵会医科大学 臨床検査医学

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):721-727

診療と新薬 2019;56(10):721-727

アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験

1)医療法人仁愛会 日立おおみか病院,2)沢井製薬株式会社 開発部,3)東京慈恵会医科大学 臨床検査医学

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):721-727

ジェネリック医薬品のアプレピタントカプセル125 mg「サワイ」について,先発医薬品であるイメンドⓇカプセル125 mgとの生物学的同等性を検証するため,日本人健康成人男性を対象に2剤2期のクロスオーバー試験を行った。
治験薬投与後72時間までの血漿中アプレピタント濃度より,両製剤の血漿中濃度-時間曲線下面積(AUCt)と最高血漿中濃度(Cmax)を算出し,バイオアベイラビリティを比較した。その結果,いずれの試験においても両製剤のAUCtとCmaxの対数値の平均値の差の90%信頼区間は,生物学的同等性の判定基準であるlog(0.80)~log(1.25)の範囲内であった。なお,本治験において認められた有害事象は,いずれも回復が確認されており,被験者の安全性に問題はなかった。
したがって,アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」とイメンドⓇカプセル125 mgは,それぞれ治療学的に同等であると考えられた。

キーワード:アプレピタント,ジェネリック医薬品,生物学的同等性試験,血漿中濃度,日本人健康成人男性

診療と新薬 2019;56(10):721-727

アプレピタントカプセル125 mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験

PDF

PDF:226 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):729-735

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護効果に対する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):729-735

Long-term Administration of a GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Improves Hepatic Function and Fibrosis in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

診療と新薬 2019;56(10):729-735

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護効果に対する検討

医療法人健清会 那珂記念クリニック

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):729-735

Long-term Administration of a GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Improves Hepatic Function and Fibrosis in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

Naka Kinen Clinic

背景:本研究では日本人2型糖尿病患者における日常診療下での長時間作用型GLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護に対する効果をalanine aminotransferase(ALT)のカットオフ値30 U/Lを用いて,後方視的に検討した。
方法:当院でリラグルチドを1年以上投与し,ALTを測定した2型糖尿病患者707例について,ALT 30 U/L以下および31 U/L以上に層別し,リラグルチド投与前後1年間の各測定項目の平均値を比較検討するとともに,肝機能パラメータのALT,aspartate aminotransferase(AST),γ-glutamyl transpeptidase(γ-GTP),および肝線維化の指標であるFIB-4 indexの5年間の推移を観察した。またFIB-4 indexの肝線維化カットオフ値(FIB-4 index 2.67以上)での層別解析を加えた。
結果:リラグルチド投与前後1年間の平均値の比較において,HbA1c,体重およびbody mass index(BMI)はALT 30 U/L以下群および31 U/L以上群のどちらも有意に低下したが,ALT,ASTおよびγ-GTPはALT 31 U/L以上群で有意に低下し,いずれもリラグルチド投与5年間の観察で低下推移を示した。一方,FIB-4 indexはALT 30 U/L 以下群および31 U/L以上群のどちらでも有意な変化はなかったが,FIB-4 index 2.67以上群ではリラグルチド投与前後1年間の平均値の比較で有意な低下が認められた。
結論:2型糖尿病患者において,リラグルチドの長期間投与はHbA1c低下および体重減少,ならびに肝機能異常値の改善,高度肝線維化の指標の改善を示した。このことは,リラグルチドの2型糖尿病患者の治療ストラテジーとして,血糖コントロール改善だけでなく,肝保護効果も期待できる可能性が示唆された。

Key words:GLP-1受容体作動薬,リラグルチド,HbA1c,ALT,FIB-4 index,2型糖尿病

診療と新薬 2019;56(10):729-735

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬リラグルチドの長期投与による肝保護効果に対する検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):729-735

Long-term Administration of a GLP-1 Receptor Agonist Liraglutide Improves Hepatic Function and Fibrosis in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus

PDF

PDF:219 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

吉澤和彦

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

Yotsuya Rose Clinic

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

吉澤和彦

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

Yotsuya Rose Clinic

目的:赤色LLLT等による毛髪の成長についてのこれまでの報告は,実験的レベルにとどまる報告が多かった。これらの成果を日常生活行動パターンにおいて具現化するために,アンケート調査を行った結果,日常生活におけるヘアードライヤー使用時でのヘアケアが妥当であると考えられたことから,ヘアードライヤー型高エネルギー密度赤色LEDユニットを作製し,その有用性についての試験を行った。
方法1:前実験として,C3H/He系雄マウスを対象とし,LED光照射+温風,LED光照射のみ,コントロールの3群で発毛に関する実験を行った。照射エネルギーは,1.0 J/cm2とした。
結果1:LED光照射+温風の群において,LED照射のみの群,コントロール群に比し有意な発毛・毛成長が確認された。
方法2:年齢,男女問わず薄毛対策を実施したいと考えている平均年齢45.9歳,計20名のボランティアに対し,同様に同エネルギーによるLED光照射と温風によるヘアケアを実施した。生活習慣については特に制限は加えなかったが,新たに運動を開始するなどの変化等については禁止とした。使用期間は,最低3カ月から6カ月間とした。
結果2:発毛・育毛の解析方法(2値化メッシュ法)を考案し,それを用いた解析により全被験者で発毛が認められ,発毛率は一定エリア内において平均47.7%(最終観察時点)であった。このことから,高エネルギー赤色LEDの照射と温風の組み合わせは,有意に発毛・育毛に対し効果的であることが示唆された。

キーワード:ヘアードライヤー型高エネルギー密度赤色LEDユニット,高エネルギー赤色LEDの照射と温風の組み合わせ,薄毛ケア・ヘアケア,発毛・育毛の解析方法(2値化メッシュ法)

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

吉澤和彦

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

Yotsuya Rose Clinic

Purpose: Any previous studies regarding hair growth by RED LLLT (Low Level Laser Therapy) show us that stayed at the experimental level, in order to embody such results in the daily life behavior pattern when the hair care, the results of the questionnaire survey. The hair dryer type high energy density red LED unit was developed, and the hairs growth experiment was performed.
Method 1: As a previous experiment, we conducted experiments on hair growth in C3H / He male mice in three groups; LED irradiation and warm blowing, just LED irradiation, and control. The irradiation energy was 1.0 J /cm2.
Result 1: In the LED irradiation and warm blowing group, significant hair growth was confirmed compared to the just LED irradiation group and the control group.
Method 2: The same condition of LED irradiation energy and warm blow were given to a total of 20 volunteers who wanted to implement thinning measures regardless of age or gender. The average age was 45.9 years. Regarding lifestyle habits, no specific instructions were given, and changes such as starting exercise were prohibited. The usage period was at least 3 to 6 months.
Result 2: We devised a method for analyzing hair growth (Binary-valued mesh method). As a result of analysis using this method, hair growth was observed in all the subjects, and the hair growth rate averaged 47.7% (at the last observation time) within a certain area. This suggests that the combination of high energy density red LED irradiation and warm blow has a significant effect on hair growth.

Key word: hair dryer type high energy density red LED unit, combination of high energy red LED irradiation and warm blow, hair growth effect, binary-valued mesh method

診療と新薬 2019;56(10):737-747

赤色LEDを搭載したヘアードライヤーを用いたLED光と温風による薄毛ケア・ヘアケアの有効性:マウスならびにヒトにおける検討

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):737-747

Effectiveness in Hair Growth by Combination of LED Irradiation and Warm Blower by Using Hair Dryer Type with High Energy Density Red LED Unit: Experiment with Mice and Examination of Usefulness in Human Volunteers

PDF

PDF:601 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.

  • 書誌情報
  • 要旨
  • Abstract
  • Full Text
    (PDF)

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

1)王医院内科,2)株式会社ピカッシュ,3)大阪歯科大学 歯科医学教育開発室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

1)OH clinic, Internal Medicine,2)Pikasshu Co.,3)Department of Development of Dental Education, Osaka Dental University

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

1)王医院内科,2)株式会社ピカッシュ,3)大阪歯科大学 歯科医学教育開発室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

1)OH clinic, Internal Medicine,2)Pikasshu Co.,3)Department of Development of Dental Education, Osaka Dental University

症例は39歳の男性。2015年6月11日の健康診断でALT(GPT)87 IU/LおよびAST(GOT)59 IU/Lより肝機能障害の疑いから腹部超音波検査(腹部エコー検査)で脂肪肝と判断し,基礎疾患を伴わない非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease;NAFLD)の慢性肝機能障害と診断,ポラプレジンク顆粒(1回75 mgを1日2回朝食後および就寝前)による亜鉛補充療法に加え,栄養機能食品「大地の恵みⓇ」(1日1回就寝前に3錠)を並行して摂取することを試みた結果,肝機能検査値異常が改善された。今回,本症例の経験について,文献的考察も加えて報告する。

キーワード:脂肪肝,肝臓疾患,亜鉛補充療法,栄養機能食品

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

1)王医院内科,2)株式会社ピカッシュ,3)大阪歯科大学 歯科医学教育開発室

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

1)OH clinic, Internal Medicine,2)Pikasshu Co.,3)Department of Development of Dental Education, Osaka Dental University

The case was a 39-year-old man, fat on ALT (GPT) 87 IU/L and AST (GOT) 59 IU/L in a medical examination on June 11, 2015, due to suspected liver dysfunction, and abdominal ultrasonography (abdominal echocardiography) , it was judged as liver. Nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) was diagnosed as chronic liver dysfunction without non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD). Oral administration of zinc replacement therapy "Polaprezinc Granule" (75 mg two times a day after meals and at bedtime) and nutritional functional food "Daichi no MegumiⓇ"( 3 tablets once a day at bedtime ) combined therapy improved liver function abnormalities. Herby, we will report it with a literature review.

Key words: fatty liver, liver disease, zinc replacement therapy, functional nutrition food

診療と新薬 2019;56(10):748-752

脂肪性肝疾患に対する亜鉛補充療法により肝機能が改善した一症例:ポラプレジンクと栄養機能食品「大地の恵みⓇ」の併用の試み

Shinryo to Shinyaku (Med Cons New-Remed)2019;56(10):748-752

A Report in Improving Liver Function with Zinc Replacement Therapy for a Patient with Fatty Liver Disease: Trial of Combined Use of Polaprezinc and Functional Food "Daichi No MegumiⓇ"

PDF

PDF:241 KB

左のアイコンをクリックすると、PDF が表示されます。
When you click on the icon to the left, you will see the PDF.